cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
ここからが勝負―日本ハム・斎藤佑樹が623日ぶりの勝利
5月31日、日本ハム対DeNAの試合が行われ、6対1で日本ハムが勝利を収めました。

この試合の勝利投手になったのは斎藤佑樹選手で、
これは斎藤選手にとって実に623日ぶりの勝利となりました。


このことに関する記事が『Full-Count』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本ハムの斎藤佑樹投手が31日、
本拠地でのDeNA戦に先発し、623日ぶりの勝利を手に入れた。
5回0/3を投げて5安打2奪三振1失点と好投すると、
主砲・中田のバットが3安打5打点と爆発。
背番号「1」に待望の白星をプレゼントした。

斎藤は、初回に2死からロペスに中前打されるも、筒香を二ゴロに仕留めて無失点。
2回と3回を連続で3者凡退とすると、4回も走者を三塁まで進めながらも失点しなかった。
5回には、2死二塁から許した倉本の左前打で二塁走者が本塁を目指したが、
左翼・大田の好返球でアウト。
6回先頭の桑原に左翼へ二塁打を許したところで81球を投げて降板した。

好投する右腕を援護したのは主砲だ。
初回にレフトへタイムリーを運んで先制点を入れると、
5回裏には左翼への二塁打で2点を追加。
7回にも2点二塁打を左翼へ運び、3安打5打点と爆発した。

DeNAは6安打するも決め手に欠いて、わずか1得点。
先発の熊原は5回3失点と粘投したが、勝利は遠かった。」


斎藤選手は入団以来、学生時代ほどの活躍を見せれていないという現状がありますが、
特にここ2シーズンほどは本当に苦しいシーズンが続いていました。

この期間で斎藤選手が賞賛されたことといえば
人命救助だけだったなんていう手厳しい言い方もできるかもしれません。

だからこそこの勝利が斎藤選手にとって一つの光、
長いトンネルを抜け出すキッカケになってくれればと思うのです。

これからが勝負です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック