cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
止まらない70歳―ビートたけし、21年ぶり『27時間テレビ』総合司会
9月に放送される「FNS27時間テレビ2017」の総合司会をビートたけしさんが務めることが決定しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「タレント、ビートたけし(70)が、
9月に2日間にわたり生放送するフジテレビ系「FNS27時間テレビ2017」で
21年ぶり6度目の総合司会を務めることが1日、分かった。
番組史上最高齢の70歳で挑戦。
同番組はお笑い色を前面に出してきたが、31回目の今年は「日本の歴史」をテーマに“新装開店”。
関ジャニ∞の村上信五(35)とコンビを組むたけしは
「責任は全部フジテレビだからな」と大暴れを予告した!?

たけしが新生27時間テレビのセンターに立つ!

前身番組を含めて31回目を迎える今年は、初の試みとして「日本の歴史」をテーマに生放送。
2020年の東京五輪に向け、「おもてなしの国」としての日本に焦点を当て、
旧石器時代から現代までの日本史を
バラエティーやドラマ、スポーツ、アニメなど多角的な視点で紹介する。

たけしは1996年以来21年ぶり6度目、史上最高齢の70歳で総合司会に挑戦。
初登板の村上は、たけしをアシストするキャプテンを務める。

2人は2015年と16年に日本テレビ系特番で共演。
たけしは当時、村上のトークスキルを「紅白の司会者になるんじゃないかな」と絶賛しており、
芸人とアイドルの35歳差コンビの3度目のタッグが実現する。

2人には歴史好きという共通点も。
制作側は
「存在自体が戦後の歴史そのものの天才・たけしさんと、
歴史が好きな若者代表の村上さんにご協力いただき、
“学んで笑えて楽しめる”番組をお届けします」と予告。

たけしは
「オイラの好きな『日本の歴史』を軸とした新しい長編バラエティーを実現させたいだの、
今どきそんなに手間をかけ、力を入れて番組作りをすんのかと驚いちゃったよ。
『やってやろうじゃねーか』と思わず引き受けた」と告白。

これまで、伝説の花火師を名乗る名物キャラクター「火薬田ドン」に扮して
セットを爆破するなど27時間テレビで大暴れしてきたが、
「どんなことになるか期待してろっつーの。責任は全部フジテレビだからな」と意味深に予告。
司会でも大波乱を呼びそうだ。

村上は
「たけしさんが掲げてくださる『27時間テレビ』の大きなフラッグに向かって
一丸となって番組作りができるよう、僕にできることをやり尽くす覚悟で向き合いたい」と意欲。
アイドル界の芸達者として大物芸人の暴走を止めることができるか!?」


70歳でこういった過酷なバカが出来るということは本当に凄いことです。

たけしさんのバイタリティーの高さはいまだに10代20代クラスだと言えます。

どんな放送になるのか、今から楽しみです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック