cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』 エレファントカシマシ



今回は、2017年の3月21日に発売された、
エレファントカシマシのアルバム『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』について書きたいと思います。


収録曲
DISC 1:Mellow & Shout
1.今宵の月のように
2.悲しみの果て
3.四月の風
4.風に吹かれて
5.夢のかけら
6.友達がいるのさ
7.俺たちの明日
8.笑顔の未来へ
9.リッスントゥザミュージック
10.翳りゆく部屋
11.桜の花、舞い上がる道を
12.ハナウタ~遠い昔からの物語~
13.新しい季節へキミと
14.ズレてる方がいい
15.夢を追う旅人

DISC 2:Roll & Spirit
1.ガストロンジャ―
2.デーデ
3.奴隷天国
4.花男
5.戦う男
6.so many people
7.コール アンド レスポンス
8.暑中見舞-憂鬱な午後-
9.俺の道
10.歴史
11.大地のシンフォニー
12.Destiny
13.RAINBOW
14.涙
15.ファイティングマン


感想
この『All Time Best Album THE FIGHTING MAN』は、
エレファントカシマシの結成30周年を記念してリリースされたベスト盤です。

選曲はすべてボーカルの宮本浩次さんが行っています。

エレファントカシマシは、1988年のデビュー以来、
様々なレコード会社を渡り歩き、その時々に新たなる音楽的挑戦を繰り広げてきました。

今回のベスト盤ではその挑戦の主要な部分に触れることが出来ます。

DISC1にはタイアップの掛かった曲を中心に一般的に知られている曲が、
DISC2には初期作を含めたパワフルでコアな曲が収録されています。

DISC1が好きかDISC2が好きかはかなり好みの分かれるところだと思われますが、
これだけの表現的な変化が起こったバンドというのも珍しいんじゃないかと思います。

それがエレファントカシマシの凄さでもあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック