cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
7度目の正直―サトノアラジンが「安田記念」を制覇する
6月4日、G1「安田記念」が行われ、
川田将雅騎手騎乗の7番人気・サトノアラジンが勝利しました。

サトノアラジンは重賞3勝目ですが、G1はこれが初勝利です。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「6月4日の東京11Rで行われた第67回安田記念
(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億300万円)は、
川田将雅騎手騎乗の7番人気サトノアラジン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)が戴冠。
タイムは1分31秒5(良)。

サトノアラジンは道中は後方を追走。
直線は大外から追い込み、
逃げ粘るロゴタイプをゴール寸前でかわして初のビッグタイトルを手にした。

◆川田将雅騎手
「去年からずっと乗せていただいてトライアルは2つ勝つことができましたが、
GIでは自分が思うような結果が残せませんでした。
今回は、馬場も枠もこの馬にとって望む形になったので、ここで、と思っていました。
いつでも外に出す道はつくれていたので、あとはリズム良く、
この馬の力を一番発揮できるように、流れのなかで脚をためることだけを考えて乗りました。
やっとひとつGIを取ることができました。
頑張ってGIを取ってくれたこの馬をほめてあげたいと思います」

クビ差の2着にはディフェンディングチャンピオンのロゴタイプ(8番人気)、
さらにクビ差遅れた3着に勝ち馬のさらに外から追い込んだレッドファルクス(3番人気)。

1番人気のイスラボニータは中団を追走したが、 1番人気のイスラボニータはまさかの8着。
中団から進めたが、直線では前があかず不完全燃焼の結果になった。
「いいポジションで進めたけど直線はスペースがなかった。
追えたのはラスト50メートルぐらい。それでは遅すぎました」とクリストフ・ルメール騎手はがっくり。
4週連続GI勝ちの新記録も達成できなかった。

2頭参戦した香港馬は、
ビューティーオンリーが6着(9番人気)、コンテントメントは10着(12番人気)という結果に。

安田記念を勝ったサトノアラジンは、
父ディープインパクト、母マジックストーム、母の父ストームキャットという血統。
北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は里見治氏。
通算成績は25戦8勝。重賞は2016年京王杯SC・GII、スワンS・GIIに次いで3勝目。
安田記念は、池江泰寿調教師は初優勝、川田将雅騎手は2015年モーリスに次いで2勝目。」


サトノアラジンにとって今回は7度目のG1挑戦でした。

これまでは高い壁に阻まれてきましたが、遂に今回はその壁を乗り越えたわけです。

一つのことをキッカケに大成する競走馬は少なくありませんので、
今後のサトノアラジンの活躍から目が離せませんね。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック