cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
最悪の状況―巨人が球団ワーストの12連敗を記録
6月7日に行われた巨人対西武の試合で0対3で巨人が敗れ、
巨人の連敗記録が12まで伸びました。

この12連敗という記録は球団ワーストを更新する連敗記録です。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「交流戦、西武3-0巨人」(7日、メットライフドーム)

巨人が完封負けで球団ワーストを更新する12連敗を喫した。

0-0で迎えた四回、先発の吉川光がメヒアに8号2ランを献上すると、
六回には、2番手の西村が中村に13号ソロを浴びた。

打線も、今季初登板初先発となった岡本を相手に、いいところがなかった。
六回1死三塁の好機をつかむも、主軸が凡退。
七回の1死一、三塁も代打・長野が二ゴロ併殺に倒れた。
点差以上に完敗のゲームだった。

高橋監督は試合後、
「これは現実なんでね。現実として全員で受け止めなきゃいけない」と
12連敗を努めて冷静に振り返ると、
「ただ、まだ試合があるんでね」と前を向いた。

長嶋監督1年目となる1975年以来、
42年ぶりとなる球団ワーストタイの11連敗を喫していた創設1934年の名門球団が、
負の歴史を塗り替えてしまった。
それでも、高橋監督は
「挽回するチャンスはまだある。あしたからまた頑張るしかない」と、
自らに言い聞かせるように話していた。」


負の連鎖が止まりません。

シーズンオフに史上最大の補強とも呼ばれる補強を施し、
優勝候補筆頭と目されて臨んだシーズンでしたが、
FAで獲得した選手たちの不調などが重なり、
気づけば球団史上最悪の連敗記録を作り出すというどん底の状況に置かれています。

これを高橋監督の責任するのは酷ですが、やはり矢面に立たされるのは監督だということは事実です。

ここからいかに巻き返すのかが課題だといえます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック