cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
℃-uteが12年の歴史に別れを告げる
6月12日、℃-uteのラストコンサートがさいたまスーパーアリーナで行われました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「女性5人組グループ「℃―ute」が12日、
さいたまスーパーアリーナで解散コンサートを行い、12年の歴史に涙の別れを告げた。

最後の最後にグループ史上最大の会場。
満員のファン2万人を前にこみ上げるものを抑えられなかった。
最後のMC。
萩原舞(21)は
「私は色々な方に支えられて来ました。
メンバーのみんな、ずっといてくれてありがとう。
みんなのことが大好きです」と泣きじゃくった。

岡井千聖(22)も
「つんく♂さんに出会っていなければ、私は埼玉で友達とたむろしていていた」と泣き笑い。
鈴木愛理(23)は
「アイドルとして過ごせて幸せでしてた。
これからは1人で頑張っていきます。
本当に12年間有り難うございました」。
中島早貴(23)も
「楽しくてあっという間の12年間でした。
℃―ute人生に悔いはありません!」と言い切った。
そしてリーダー・矢島舞美(25)も
「一緒に走って来てくれてありがとう」と泣いた後
「℃―uteは私がおばあちゃんになっても誇れる存在です」と手を振った。

この日、07年のデビュー曲「桜チラリ」から、
ラストシングルとなった今年3月発売の「ファイナルスコール」など35曲を熱唱した。
ステージには、所属の「ハロー!プロジェクト」のメンバーはもちろん、
初代ハロプロリーダーで元モーニング娘。の中澤裕子(43)、
元リーダーの道重さゆみ(27)らOGがサプライズで登場。
中澤が
「ちっちゃくてフワフワしてプニプニの女の子だった。
みんな美人さんになったね~」と花束を渡すと、矢島を初めメンバー全員が涙を流した。

道重は
「℃―uteはパフォーマンス力がすごい。
このハイヒールの高さ。よくあのキレのあるダンスを踊れるよなあ。まねできない」と感嘆。
公演前には、つんく♂(48)が声は出ないながらも、
直接「最後だから悔いのないように」とメッセージを送った。

ゲストも続々集まった。
相川七瀬、ダイノジ・大谷ノブ彦、フットボールアワー・岩尾望、
湘南乃風・SHOCK EYE、よゐこ・濱口優、吉田沙保里や、
アイドルとしてライバルであるはずのHKT48・指原莉乃、柏木由紀らも観客席から見守った。

ライブの最後ではハロプロメンバーのほぼ全員が一列に並んで、℃―uteを見送った。
アンコールが終わった後、モニターにデジタル時計が映し出され、
最後の「午後9時10分(キュート)」に向けてカウントダウン。
その時が来た瞬間、ファンの拍手が起こり、5人の4385日は幕を閉じた。」


遂にこの時が来てしまいました。

自分がハロプロを大好きになった時、
まだまだ幼かった彼女たちは今では立派な大人の女性たちに成長しました。

彼女たちのこういった成長を見届けることが出来たというのはとても幸運なことだったと思います。

メンバーが歩んでいく道はそれぞれですが、
それぞれの道でより輝きを増した活躍を見せてくれることに期待したいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック