cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
これで変わるか?―J1・J2の入れ替え戦、10年ぶり復活へ
かつて実施されていたJ1・J2の入れ替え戦が復活する方向で話が進んでいることが分かりました。

来季からの導入が検討されており、
導入されれば10年ぶりの復活ということになります。


このことに関する記事が『朝日新聞』に掲載されていたので以下で紹介します。

「サッカーJリーグは20日の実行委員会で、
J1の16位と、J2の3位~6位による昇格プレーオフ(PO)勝者は来季から、
現行の自動昇降格ではなく、入れ替え戦を導入する方針を固めた。
理事会で正式に決まる。
J1の下位(17、18位)2クラブと、J2の上位(1、2位)2クラブは現行通り、自動的に昇降格する。

J1昇格POは2012年から導入。
シーズン終盤まで昇格の可能性を残すクラブが増えてJ2の活性化につながったが、
POで昇格したクラブが13年から16年まですべて1年で降格し、
J1のレベル低下も指摘されていた。

J1とJ2の入れ替え戦は、04~08年に実施されており、10年ぶりの復活になる。」


記事にある通り、この入れ替え戦には賛否両論があります。

入れ替え戦は優勝決定戦とはまた違った、異質ともいえる盛り上がりを見せます。

J1の下位クラブの試合とは思えないほどにスタジアムは一体感に包まれ、
対するJ2の上位クラブは野心溢れる気持ちをもってJ1昇格を取りに行くのです。

これがかなり面白いのです。

もちろん昇格したクラブのレベルがどれほどの高さなのかという問題はあります。

しかしJリーグを盛り上げていくためにはこういった試みが間違いなく必要なはずです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック