FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
天国に旅立っても―フリーアナウンサーの小林麻央が死去
6月22日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが死去しました。

23日には夫である歌舞伎役者の市川海老蔵さんが会見を開き、
妻である麻央さんの死を報告しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)が22日夜に死去した歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が
23日、都内で緊急会見。
海老蔵は黒のスーツ姿で登壇し、「昨日、麻央が旅立ちました」と報告した。

海老蔵は長女・麗禾ちゃん(5)と長男・勸玄くん(4)の様子も明かした。
「麗禾は昨日はずっと麻央のそばを離れませんでした。
そして彼女の横でずっと寝ると言って、寝てました。
(死を)認識はしてると思います」と海老蔵。
勸玄くんについては
「分かっているんですけれど、分かっていないところもあって。
今日の朝も麻央の横になっているところで顔をさすったり、足をさすったり。手を握ったり」とし、
「そういうところを見ると、私が今後、背負っていく物、やらなくてはならないこと、
子供達に対してとても大きなものがあると痛感しました」と語った。

また、麻央さんが2人の成長を見られなかったことについて「心残りだと思います」とし、
勸玄くんの舞台についても
「見に来ることを一つの目標として色々なものを作ったんですけど…
心配で心配でしょうがないんじゃないでしょうか」と話した。」


残された家族の辛さは計り知れないものだと言えます。

事情を分かった上で死に接するというのも辛いですが、
勸玄くんのようによく分からないままに死に接するというのも辛いものがあります。

天国に旅立っても母親の存在の大きさは変わらない、否、より大きくなっていくと言えるでしょう。

今はただ安らかに。合掌。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック