cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
毅然としたリーダーの強さ―アンジュルム・和田彩花が「須藤騒動」にコメント
先日行われたAKB総選挙で結婚発表をしたNMB48の須藤凜々花さんのことが話題になっていますが、
6月22日に行われたアンジュルムのリリースイベントの中で、
アンジュルムのリーダーでハロプロリーダーでもある和田彩花(あやちょ)が
このことについてのコメントを求められていました。


このことに関する記事が『東スポ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」
(和田彩花=22、中西香菜=20、竹内朱莉=19、勝田里奈=19、
室田瑞希=19、佐々木莉佳子=16、上國料萌衣=17、笠原桃奈=13)が、
新シングル「愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん」の
発売記念イベントを22日、都内で行った。
報道陣からは“結婚宣言”で話題のNMB48・須藤凜々花(20)に関する質問も飛んだが、
リーダー・和田は毅然と「ハロプロには、そういう人はいない!!」と言い放った――。

アンジュルムは新曲3曲を含む5曲を披露。
途中のMCで竹内は
「私にカメラが向いてないんです。ボーカル担当の3人しか撮影していない!
いいダンスしているのに~。
はい、カメラマンのみなさん、私を撮ってくださ~い!」と会場を笑わせた。

囲み取材ではシングルがオリコンのデイリーチャート2位になったことに竹内が
「ブームの将棋で言えば『1位に王手です!』。次こそは勝利を勝ち取ります!」と、
公式戦連勝記録を「28」に伸ばし、
世間の注目の的となっている将棋の藤井聡太四段(14)に引っ掛けて宣言。
さらに竹内は「飛車」「角」のことを「格さん助さんみたいな駒、ありますよね?」とオチを付けた。

新シングルには「愛さえあればなんにもいらない」というタイトル曲も。
報道陣からは「愛」にちなんでNMB48・須藤の騒動についての質問も飛んだ。

他のアイドルグループの恋愛騒動だけに話しづらいところだが、
リーダー・和田は「人それぞれなのでいいと思います」と当たり障りのないコメント。
だが、続けて「ハロプロにいま、そういう人はいないですね」とキッパリ言い切った。
記者が質問を継ごうとしても「それだけですね!」とそれ以上は一切、答えようとしなかった。

この毅然とした態度が、リーダーとしての決意の表れだという。
和田はアンジュルムのリーダーだけではなく、
ハロプログループ全体を束ねる「ハロプロリーダー」も務めている。

「これまでハロプロを引っ張ってきた先輩グループの℃‐uteも解散して、
和田には『ハロプロを引っ張らないといけない』という責任感がより強くなった。
そんな状況で『恋愛などしてる暇がない』というのが本音でしょう」とテレビ局関係者は指摘する。

さらに今月12日、さいたまスーパーアリーナで行われた℃‐uteの解散コンサートに、
アンジュルムも参加したことが刺激になっているとか。

「これまでアンジュルムは、1万人規模の日本武道館が一番大きなステージだった。
2万人が入ったさいたまスーパーアリーナを経験したことで、和田は
『私たちもここでパフォーマンスできるグループにならないといけない』と決意を固くしたようだ」(同)

アンジュルム、さらにハロプロのリーダーとして和田は
「我々には、恋愛よりも大事なものがステージ上にある!」と決意しているようだ。」


リーダーの毅然としたこの態度には頼もしさがあります。

℃-uteが解散した今、あやちょが最古参であります。

℃-uteの解散直前には、
あやちょがキッズオーディションのファイナリストであったという衝撃の事実も明かされましたが、
そういった意味でもあやちょが感じている責任の大きさは相当なものだと言えます。

その一端が今回の態度に現れているのでしょう。

これは素晴らしいことだと言えますが、
その一方で心配になってしまうのはこの責任の大きさに押しつぶされてしまわないかということです。

根を詰め過ぎずに、適度に力を抜きながら、あやちょには出来るだけ長く頑張ってほしいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック