cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
かつての王者の復活はあるのか?―ウッズが初の1000位割れ
7月16日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表され、
タイガー・ウッズが前週の987位から1005位に陥落しました。

タイガー・ウッズが1000位を割り込むのは初めてのことです。


このことに関する記事が『ゴルフダイジェスト・オンライン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「16日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。
「ジョンディアクラシック」で米ツアー初優勝を遂げた“ゴルフ科学者”ブライソン・デシャンボーは、
144位から自己最高の81位にジャンプアップ。
一方、かつて計683週にわたり世界ランク1位に君臨したタイガー・ウッズは
前週の987位から、1005位に陥落した。
1994年に700位台で世界ランクに登場して以来、1000位を下回るのは初めて。

1996年にプロデビューし、ツアー79勝、うちメジャー14勝。
2014年5月を最後に世界1位の座を譲った。
腰のケガに苦しみ、15年8月の「ウィンダム選手権」以降、戦線を離脱。
今年1月に復帰したが、2戦目の欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」を途中棄権した。

4月に4度目となる腰の手術を受けた。
5月29日未明、自宅のある米フロリダ州で、飲酒か薬物の影響下で自動車を運転した容疑で逮捕。
アルコールは検出されず、釈放された。
睡眠障害を告白し、治療に取り組んでいると明かした。
ツアー復帰の見通しは立っていない。

「スコットランドオープン」で5年ぶりに欧州ツアーを制したラファ・カブレラベロー(スペイン)は
世界31位から自己最高となる17位に浮上した。

試合がなかったダスティン・ジョンソンは22週連続で1位。
松山英樹も2位をキープした。
谷原秀人は50位、池田勇太も62位と順位に変動はなかった。」


ウッズは現在、プレイでもプライベートでも苦境の時が続いています。

かつての王者はあの頃の輝きを失ってしまったのか?、
もう活躍することはないのか?、
世界のゴルフファンがウッズの現状と今後の動向に注目しています。

果たしてかつての王者は復活できるのでしょうか?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック