cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
その信頼感―日本ハムが栗山英樹監督に続投要請
7月20日、日本ハムが栗山英樹監督に続投要請をする方針であることが明らかになりました。

続投が実現すれば7年目に突入することになります。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本ハムが栗山英樹監督(56)に来季続投を要請する方針であることが20日、明らかになった。
今季は大谷翔平投手(23)、近藤健介捕手(23)ら主力にケガ人が続出して
5位に低迷しているが、球団は育成手腕を高く評価。
指揮官が受諾すれば、球団歴代2位タイの7年目に突入する。

今季は借金21を抱えて5位に低迷する現状だが、球団は来季も栗山監督に指揮を託す方針を固めた。

昨年の日本一から、今季は優勝争いから大きく後退しているが、
前半戦で大谷、近藤らケガ人が続出したことが低迷の主要因とみている。
一方で6年目の松本や巨人で伸び悩んでいた大田をレギュラー格に育て上げるなど、
若手育成の手腕を高く評価。

「すごいチームのことを勉強されている。
現在のチーム作りをさらに強固にしてくれるのは栗山監督しかいない」と球団関係者。
来季を新監督に託すより、2軍の鎌ケ谷にも頻繁に足を運び、
1、2軍の選手を熟知する栗山監督が最適と判断。
昨年までの5年間でリーグ優勝2回、日本一1回の実績も申し分ないとみる。

人気面も続投を後押しする。
「あれほど、ファンを大事にされる方はいない」と同球団関係者。
球団理念のファンサービスファーストを率先して体現。
今季は04年の北海道移転後最速となる主催35試合目で観客動員100万人を達成するなど、
集客力の高さも背景にはある。

栗山監督はこの日、
「そんな話は一切していない。ただ、責任を感じているだけ。ファンに申し訳ない」と話した。
球団はシーズン終了後に正式要請する運びで、指揮官から受諾の返事を待つ。」


今季の成績では測り切れないほどの成果を残してきたのが栗山監督です。

チームのことを思い、選手のこと思い、ファンのことを思い、
自分の采配に納得がいかなければ眠れないほどに悩む、こんなに熱い監督は他にはいないのです。

確実に栗山監督があっての日本ハムという事が定着しつつあります。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック