FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
例年に比べて遅れる―『24時間テレビ』のマラソン企画は今年も継続
『24時間テレビ』の恒例企画であるマラソン企画のランナー発表が遅れていることについて、
8月24日、日本テレビの定例会見で「マラソンはやります」と企画継続が明言されました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本テレビ・大久保好男社長は24日、都内の同局で定例会見を開いた。
今年で40回目の節目を迎える夏の恒例チャリティー番組「24時間テレビ」(8月26、27日)の
チャリティーマラソンランナーの発表が例年に比べて遅れていることについて、
一部で企画変更説も飛び交っているが、
福田博之編成局長は「マラソンはやります」と企画継続を明言した。

24時間マラソンのランナーは近年はほとんど5月中に発表されている。
過去5年はすべて日テレの番組内でサプライズ発表の形をとっており、
2016年の林家たい平が5月29日、
15年のDAIGOが5月26日、
14年のTOKIO・城島茂が5月18日、
13年の森三中・大島美幸が5月12日、
12年の佐々木健介・北斗晶ファミリーが6月2日に決定を公にしている。

大久保社長は
「従来なら(この時期に)発表している。
工夫の1つかもしれません。
詳しいことは把握していない」と“演出”の可能性も示唆しながらコメント。
福田氏は、「マラソンはやります」と企画変更説を否定するとともに、
これまで通りの企画継続を明言した。

ランナー発表が遅れることで、練習期間が短くなる懸念もあるが、
福田氏は「健康第一。支障がない方法でやります」と万全の体制で臨むことをアピールした。」


チャリティーマラソンのランナー発表は、すごく興味はなくとも知ってはおきたい、
言うなれば国民の一応の関心事であります。

「あれっ今年のランナーって誰だっけ?」、こんなことを言った事がある人も少なくはないでしょう。

そういった中で気が付けばいまだにランナーが発表されない事に、
少なからず心配する気持ちを持っていた人もいたはずです。

そんな人にとってこの発表は朗報なのかもしれません。

しかしながら、記事の中にあるように、
暑い夏の時期を走るこのマラソンにおいてトレーニングの問題は避けて通ることが出来ない話です。

しっかりトレーニングを積むことは出来るのか?、
この問題をクリアすることは出来るのか?、重要な問題です。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック