cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
偽りのサポーターはいない―J2長崎、観客動員数の水増しが発覚
経営再建中であるJ2のV・ファーレン長崎が、
2015年から今年の第6節までの約2年間にわたって観客動員数の水増しを行っていたことが発覚しました。

少なくとも約2万人を上乗せしていたそうです。


このことに関する記事が『フットボールチャンネル』に掲載されていたので以下で紹介します。

「Jリーグは25日に行われた理事会後の記者会見で、
J2のV・ファーレン長崎が観客動員数の水増しを行っていたことを明らかにした。

Jリーグによると、
水増しが行われていたのは2015年シーズン開幕から2017年第6節(4月2日)までの約2年間。
ホームゲーム全46試合のうち45試合で少なくとも約2万人を上乗せしていた。

本来であれば入場者実数を発表すべきところであるが、
長崎は運営関連スタッフや入場券を持たない無料観客などを入場者数に上乗せして発表していたという。

これを受け、長崎には
制裁としてけん責(始末書をとって将来を戒める)および300万円の制裁金が下された。

長崎は今年2月に赤字決算見込みが発表されるなど経営難に陥っていたが、
今年4月に株式会社ジャパネットホールディングスが同クラブをグループ会社化。
ジャパネットホールディングス前社長である高田明氏が社長に就任し、経営再建を図っている。」


経営再建中の長崎にとってこれは大きな痛手です。

経営再建が行われ始めた後もこの水増しを行っていたことは残念としか言いようがありません。

クラブを立て直すためにはサポーターの支えが不可欠です。

そのサポーターの数を偽ったとしても再建が進むわけではなのです。

偽りのサポーターなどこの世には存在しないのです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック