cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
日本競馬界の改善点―JRAが「降級制度」の廃止を発表
7月28日、JRAが2019年から「降級制度」を廃止すると発表しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「JRAは28日、平成31年度(2019年)の夏から「降級制度」を廃止すると発表した。

JRAの降級制度は古馬の在籍頭数を確保するために、
1987年までは4歳夏、5歳夏の2度、
88年以降は4歳夏の1度降級するシステム。
現在は4歳の夏の段階で収得賞金(クラス分けのための賞金で、
1着及び重賞2着時に加算)が半減され、
春競馬まで1000万クラス(収得賞金501~1000万)だった馬が
500万クラス(収得賞金500万以下)に出走可能となっていた。

しかし、この降級制度により、
高額条件馬が大幅に減少(収得賞金1601~2000万の4歳馬は降級制度により、
オープンから2クラス下がり、1000万に出走可能に)するため、
1600万、オープンといった高額条件競走が編成しづらくなり、
少頭数の競走が多くなる問題点が生じていた。
その解消策として、JRAは現2歳馬が4歳となる、再来年の夏から降級制度の廃止を決めた。」


夏競馬のオープンのレースが少頭数で組まれることは少なくありません。

その原因になっていたのがこの「降級制度」です。

もちろんこの制度により救われていた面もあるのですが、
その一方で、オープンクラスのレースの盛り上がりを削ぐという、
本末転倒ともいうべき現象を引き起こしていたのもまた事実です。

改悪ではなく改善だったと言われることを願います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック