cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『銀魂』 出演:小栗旬、菅田将暉ほか 監督:福田雄一



今回は『銀魂』について書いていきたいと思います。


内容
江戸時代末期、宇宙から襲来した「天人(あまんと)」が日本を開国。

天人の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途を辿っていた。

そんな中、未だに侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時は、
廃れた剣術道場の息子・新八や、
戦闘種族である夜兎族(やとぞく)の少女・神楽と出会う。

江戸では、謎の妖刀を使った辻斬りが横行し、
銀時の旧友である攘夷志士・桂小太郎がその凶刀に倒れ、
行方不明になり……。


感想
この映画は「週刊少年ジャンプ」連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを実写化した作品です。

人気漫画を実写化した映画は数多く製作されています。

しかしながら、この実写映画は原作ファンの厳しい目にさらされ、
必ずしも良い評判を得るという事は難しいわけです。

そういった中でこの映画はどうだったかというと、
随所に原作へのリスペクトも感じられ、
原作の再現度の高かったという点でかなり評価できる作品だと言えるでしょう。

原作の再現という点では、
原作がタイムリーなパロディを随所に入れて来る作品であるという点を見事に再現していました。

実写作品でこの俳優だからこそできるネタというのを序盤に入れてきたりと、
原作ファンを満足させつつ、原作ファンでなくとも楽しめるような仕上がりとなっていました。

逆にソフト化された後に見ようかなという人には辛いかもしれない作品なので、
是非とも今このタイミングで劇場で観ることをおススメします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック