cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
必要とされる人―ダルビッシュ有が1対3トレードでドジャースへ
レンジャーズのダルビッシュ有投手が1対3のトレードでドジャースへ移籍することが発表されました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)がドジャースへトレードされた、
と7月31日(日本時間8月1日)、複数の米メディアがツイッターで伝えた。
ドジャースには前田健太投手(29)が所属しており、日本屈指の2投手がチームメートとなる。

米スポーツ専門サイト、ヤフースポーツのジェフ・パッサン記者のツイッターによると、
レンジャーズはダルビッシュとの交換で2人のマイナー内野手、
ウィリー・カルホーン(24歳、15年4巡目指名)とブレンドン・デービス(20歳、15年5巡目指名)、
さらにマイナー投手のAJ・アレクシー(19歳、16年11巡目指名)の計3人を獲得したという。

今季が6年契約の最終年となるダルビッシュを巡ってはドジャースのほか、
ヤンキース、アストロズ、インディアンスが獲得に動いていたと伝えられていた。
その動向が注目されていたダルビッシュは、
米中部時間7月31日午後3時(同8月1日午前5時)の
トレード期限の約5時間前に自身のツイッターで
「自分で報道を見ていましても恐れ多いと言いますか、
自分でいいのかなと思ってしまいます。(^^; 
ですが野球をやっていて必要とされる事はうれしいことですね(原文のまま)」と心の内をつづっていた。

また、同時間午後2時50分には「10分前!」とのつぶやきとともに
自分の名前プレートの入った本拠地のロッカーの前で
レンジャーズの帽子をかぶった自撮り写真を投稿していた。

今季のダルビッシュは22試合に先発し、6勝9敗、防御率4・01。

ドジャースは74勝31敗、メジャー最高勝率・705と圧倒的な強さで
2位のダイヤモンドバックスに14ゲーム差をつけてナ・リーグ西地区を独走している。
チームには前田のほか、現在、腰痛で故障者リスト入りしているエース左腕のカーショーらがいる。」


ダルビッシュ投手を欲しがっていたメジャー球団は数多くありました。

今回、レンジャーズはその中からドジャースをトレード相手として選んだわけですが、
これはダルビッシュ投手としてもプラスになるなのではないでしょうか。

なぜならドジャースは現在好調のチームであり、
さらにはチームメイトの中には前田健太投手がいるからです。

打線の援護、さらには日本人のチームメイトの援護が期待できるとあれば、
ダルビッシュ投手としてもかなり心強いと言えるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック