cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
気持ちよく送り出すために―プロ野球、引退試合で入れ替えなし1軍登録可に
8月7日、日本野球機構の理事会と12球団による実行委員会が開かれ、
その中で「引退選手・特例登録手続き」が承認されました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が7日、
都内で開かれ、「引退選手・特例登録手続き」が承認された。

シーズン限りで現役引退する選手が引退試合として公式戦に出場する場合、
引退試合の当日のみ(1日限定)、
球団の出場選手登録に、当該選手を追加することが可能になる。

これまでは引退試合を行うためには、1軍登録の上限28人の中から、
1人を登録抹消して入れ替える必要があり、抹消された選手は10日間、再登録ができなかった。

主な内容は以下の通り。

<1>特例登録手続きによる同一試合の適用人数に制限はない。
(1球団における1シーズン中の適用回数にも制限は設けない)

<2>1選手に適用される回数は、ホーム、ビジターにかかわらず1回限りとする
(適用された試合に出場できなかった場合、再度の申請はできない)

<3>特例登録手続きを申請してもベンチ入り人数は最大25人とする。
(例・出場登録選手数=28人・適用選手1人=29人→ベンチ入り25人・ベンチ外4人)

<4>特例登録手続きの適用は1日限定とする。
翌日は自動的に登録抹消になる。
雨天等で中止になった場合は、当該球団が指定する別の試合に適用される。
FAに数には加算されない。

<5>特例を適用した場合は、
当該選手はシーズン終了まですべての試合において再度出場選手登録をすることはできない
(日本シリーズは出場可能)」


気持ちよく引退する選手たちを送り出すためためにも、
こういったルールを作ったことは正解だと言えるでしょう。

むしろ遅いくらいだったと言えるかもしれません。

引退する選手を引退試合に出場させるために他の選手の登録を抹消せねばならないというのは、
実に非合理的だと言えます。

そういった事がなくなることで、送り出される方も、送り出す方も、
気持ち良く引退試合を迎えることが出来るというのは大きいと言えるでしょう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック