cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
謎は尽きることなく―「名探偵コナン」がサンデー初の連載1000話達成
『週刊少年サンデー』に連載中の「名探偵コナン」が、37・38合併号で連載1000話を迎えました。

『週刊少年サンデー』に連載されたマンガで1000話を迎えたのはこれが初めてです。


このことに関する記事が『まんたんウェブ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「青山剛昌さんの人気マンガ「名探偵コナン」が、
9日発売のマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)37・38合併号で第1000話を迎えた。
同誌のマンガが第1000話を迎えるのは初めて。
コミックス1巻を再現したイラストが37・38合併号の表紙を飾った。

「名探偵コナン」は、江戸川コナンが次々と起こる難事件を解決する姿を描いたマンガ。
1994年に連載がスタート。
コミックスが93巻まで発売されており、累計発行部数は2億部以上を誇る。

第1000話から長編新章「紅の修学旅行編」がスタート。
同号では、
青山さんの描き下ろしの
劇場版アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の名場面の複製原画を
応募者全員にプレゼントするサービスも実施している。」


『週刊少年サンデー』ほどの歴史を持つ週刊のマンガ誌で、
どの作品も達成することが出来なかった数字を達成したというのは本当に凄い事です。

逆に「名探偵コナン」が終わるという事は想像できないほどに、
このマンガ多くの人から受け入れられています。

連載されるマンガにとって、
人気を獲得できるか、読者に受け入れられるかは、連載を続ける上で重要なことです。

そういった意味でいえば、「名探偵コナン」は、
永遠とは言わないものの、
『週刊少年サンデー』における永住権のような連載を続ける権利を手に入れたマンガだと言えるでしょう。

これからも「名探偵コナン」の描き出す謎は尽きることがなさそうです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック