cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
36歳の正念場―松井大輔がポーランド2部へ移籍
元サッカー日本代表の松井大輔選手がポーランド2部のオドラオポーレへ加入しました。

36歳での海外再挑戦に注目が集まっています。


このことに関する記事が『日刊ゲンダイDIGITAL』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2004年のフランス2部(当時)ル・マン移籍を皮切りに、
4カ国7クラブを渡り歩いた元日本代表MF松井大輔。
ここ3年半はジュビロ磐田でプレーしたが、36歳になった今夏、欧州再挑戦に踏み切った。
海外8クラブ目はポーランド2部オドラオポーレ。
3部から昇格したばかりの新勢力だ。

成田空港から新天地へと向かった松井を直撃した。

「(初海外の)ル・マンも2部からのスタート。
磐田に帰ってきた時もJ2だった。
今回もポーランド2部ですからね。
初心に戻れるかな、と。
今はワクワク感しかない」と松井は、実にすがすがしい表情でこう切り出した。

30代での大陸間移籍はメキシコ・パチューカの日本代表MF本田圭佑(31)と同じ。
10年南アフリカW杯で日本代表を16強に導いた盟友の決断は、自分自身と重なって映る。

「いかにも彼らしい。
サッカーを知ってる人なら分かるけど、
メキシコはもの凄くレベルが高いし、(選手の年俸など)お金もある。
高地でのプレーだし、欧州より厳しい環境かもしれない。
来年は圭佑がプレーしたロシアでW杯が開催される。
出場権を取るために(日本代表メンバーの)彼らには『死に物狂いで頑張って欲しい』と思います」

■「自分らしい人生を」

36歳でも自身のフィジカル的な問題はない。

「欧州では痛いところだらけだったけど、日本に戻ってもう一回、体(のコンディション)をつくれた。
36歳でオファーをくれるチームはなかなかないと思うし、
純粋にサッカーを楽しみたい」と前向きに話した。

磐田での3年半はシャムスカ、名波浩両監督の下でプレーしたが、
元日本代表MF中村俊輔(39)が加入した今季はわずか7試合の出場。
満足いく活躍とは言い切れなかった。

「このままでは終われない」という悔しさが、再渡欧の原動力になったはず。
それでも磐田への感謝は忘れない。
5日の広島戦後の退団セレモニーでは、珍しく涙ながらに挨拶したほどである。

「(同い年で付き合いの長い)コマ(元日本代表DF駒野友一=36=福岡)からも電話が来て
『泣いてたでしょ』と言われたけど、涙は流していませんよ。
ギリギリセーフでした(笑い)。
磐田では静かに生活できたし、キャプテンを任せてもらってベテラン選手の役割も学んだ。
人間的にも成長できた。
(中村)俊さんと一緒にプレーできたことで、
彼ならではの“監督目線”でのサッカーの見方、戦術眼も学べた。
磐田での経験を生かし、自分らしい人生を歩んでいきたい」と決意も新たに言い切った。

当面はローサ夫人と2人の息子と離れ、単身生活となるが、
「背中を押してくれた彼女たちのためにもしっかりやりたい」と話す松井。

年を重ねて人間的な深みと男らしさを漂わせていた。

ポーランドで鮮烈なインパクトを残せるか? 
04年アテネ五輪世代屈指のテクニシャンの成功を大いに期待したい。」


36歳での海外挑戦というのはあまり多い話ではありません。

キャリアの最後を日本で過ごし、
日本のファンに見送られながら現役生活に幕を閉じるという選手は少なくないのです。

しかし松井選手はそうではなく、
海外にいる自分こそが本当の自分だと確信し、そして再挑戦を決意したわけです。

非常にカッコいい決断だと言えます。

この決断が功を奏することを願っています。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック