cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
難しき判断―山中慎介4回TKO負け、日本記録タイ13連続防衛ならず
8月15日、山中慎介選手が国内最多タイとなる13度目の防衛をかけた世界戦に臨み、
ルイス・ネリ選手に4回2分29秒でTKO負けを喫しました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(15日、島津アリーナ京都)

国内最多タイの13度目の防衛を目指した王者の山中慎介(34)=帝拳=は、
陣営のタオル投入による4回2分29秒TKOで、
同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=に敗れ、
5年9カ月に渡って守り続けた王座から陥落した。
元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(62)の持つ13連続防衛には届かなかった。

山中の王座陥落に、
帝拳ジムの本田明彦会長は「最悪のストップ」と試合後、怒りを隠しきれなかった。
怒りの矛先は陣営の棄権を示したタオル投入のタイミングに向けられた。
4回中盤、ネリの右フックでダメージを負った山中は懸命に左ストレートを打ち返すも、
嵐のような挑戦者の連打を断ち切れず、ロープを背負って防戦一方となった。
2分24秒、ダメージを心配した大和心トレーナーがタオルを投げた。
「(通常タオルを投げる時は)相談がある。こんなことは初めて」と本田会長。
「あいつはいいやつで優しいから。魔が差したかな」と、
二人三脚で山中のV12を導いた大和トレーナーについて語った。

過去、山中はダウンを喫しながらも逆転KOで仕留めた防衛戦が何度かある。
「展開は予想通り。2、3度倒れても結果KOで勝つという。コンディションは最高だった」。
具志堅氏の大記録にあと一歩届かずに終わり、本田会長は心底残念がった。」


このトレーナーの判断というのは実に難しいものがあります。

他ならぬトレーナーこそが、
選手の事を一番よく見て、そして体調を把握している一番の人物であることに違いないのです。

そういった事を総合的に考えると、もちろん残念であることは間違いありませんが、
今回の判断が一概にも間違いだったとは言えないのかなと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック