cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
怪物を超える者―広陵・中村、大会新6本塁打を放つ
8月22日、全国高校野球選手権大会の準決勝が行われ、
広陵高校と天理高校が対戦し、12対9で広陵高校が勝利しました。

そしてこの試合の中で、
広陵高校の中村選手が自身、今大会6本目となる本塁打を放ち、大会新記録を樹立しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「第99回全国高校野球選手権大会準決勝
第1試合(天理9-12広陵、22日、甲子園)広陵が、天理に打ち勝った。
プロ注目の3番・中村奨成(しょうせい)捕手(3年)が2本塁打を放ち、今大会6号とし、
1985年に清原和博(PL学園)が持つ1大会個人最多5本塁打の記録を32年ぶりに更新した。
中村は4安打7打点の活躍でチームを
野村(広島)、小林(巨人)のバッテリーで準優勝した2007年以来、4度目の決勝進出に導いた。

甲子園の歴史を塗り替えた。
中村は一回の第1打席、天理の先発・碓井涼太投手(3年)の初球をフルスイング。
バックスクリーンにたたき込む先制の5号2ラン。
清原和博(PL学園)が1985年に記録した1大会個人最多5本塁打に並んだ。
先頭で迎えた五回の第3打席では、
2ボールからの3球目を左中間席へ大会新記録となる6号ソロを運んだ。
試合後の中村の一問一答は以下の通り。

--すごい試合だった

「(天理が)すごい粘りでこわかったけど、
投手も堂々としていたので、自分も堂々とリードしていこうと思った」

--2本塁打

「先制点がほしい場面で、ああいうバッティングができてよかった」

--大会新の6本塁打

「正直、記録を超えたという感じはないけど、打ててよかったという思いが強い」

--決勝へ向けて

「10年前の借りを返したい。
そのためにやってきた。
次は絶対、何が何でも勝ちたい。
雰囲気や攻め方はわかってきている。
決勝も堂々としていきたい」」


遂に超えましたね。

怪物・清原和博の記録を超えるというのは並大抵のことではありません。

それをやってのけた中村選手の未来は前途洋々だと言えます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック