cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
新たなる大記録―イチローが代打90打席でメジャー記録更新
9月2日、マーリンズのイチロー選手がフィリーズ戦に代打出場し、
今シーズンの代打での打席数を90まで伸ばしました。

これはメジャー最多記録の89を超える記録で、
イチロー選手は新たなる記録を打ち立てたことになります。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「マーリンズ10-9フィリーズ」(2日、マイアミ)

マーリンズのイチロー外野手(43)は六回に代打で出場し、左飛だった。
守備には就かず、1打数無安打で打率は・248(157打数39安打)となった。
今季の代打での打席数が90となり、
01年にレニー・ハリスが記録した89打席のメジャー最多を更新した。

2点リードの六回、先頭で打席に立ったイチローは、同じ背番号「51」の右腕、ピントと対戦。
カウント2-2から外角の138キロチェンジアップを打ったが、レフトへの飛球だった。

今季の代打の成績は90打席で打率・277(83打数23安打)、1本塁打、9打点、6四死球。
代打の年間最多安打記録の28本まで5本としている。

試合は、マーリンズが初回にスタントンの52号ソロなどで3点を先制し、七回を終えて6点リード。
八回に4番手のガルシアがつかまり1点差に詰め寄られたが、
1点差で逃げ切って連敗を5で止めた。」


イチロー選手にとってこれは新たなる称号だと言えます。

代打という新たなる活躍の道を見いだし、
その道でメジャー最多記録を打ち立ててしまうのですから、本当にイチローという選手は凄いです。

次なる目標は代打の年間最多安打記録です。

イチロー選手ならやってくれるはずです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック