cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
悔しさが残る試合―再三の好機を逃して日本が0-1でサウジアラビアに敗戦
9月6日、ワールドカップアジア最終予選で、
日本代表はサウジアラビア代表と対戦し0対1で敗れました。


このことに関する記事が『サッカーダイジェスト』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のサウジアラビア対日本が9月6日(日本時間)に行なわれ、
サウジアラビアが1-0で勝利し、ワールドカップ出場を決めた。

日本はオーストラリア戦からスタメン4人を変更。
ベンチ外となった大迫勇也に代わって岡崎慎司を1トップで起用。
右ウイングには本田圭佑、左には原口元気が入った。
中盤は、インサイドハーフに最終予選初出場となる柴崎岳と前節代表初ゴールを決めた井手口陽介。
アンカーには山口蛍が起用された。
最終ラインは右サイドから酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都の顔触れ。
GKは川島永嗣となった。

日本は立ち上がりから堅守速攻でチャンスを創出。
5分には原口のボール奪取を起点にカウンターを仕掛け、
岡崎がペナルティエリア内に抜け出すがシュートは打ち切れない。

出場権を得るには日本に勝つことが絶対条件のサウジアラビアも圧力を強め、
高い個人技を駆使しながら日本ゴールに迫る。
前半は一進一退の攻防が繰り広げられた。

日本は32分、CKから昌子がヘディングシュートを放つが、
サウジ守備陣のブロックに遭い、ゴールには至らず。
39分にはセットプレーのこぼれ球を山口が右足ミドルで狙うも、これも相手GKの好守に阻まれた。

前半はともに得点を挙げられず、0-0で折り返した。

日本は後半、本田に代えて浅野拓磨を投入してスタート。
本田は2試合ぶりの先発となったが、大きな見せ場なくベンチに退いている。

後半立ち上がり、日本はサウジアラビアのカウンターを受けピンチを迎える。
しかし、相手のクロスを長友がしっかり撥ね返し、事なきを得る。
すると49分、日本にビッグチャンスが訪れる。
CKから吉田のヘディングシュートは外れるも、これに酒井宏が反応。
スライディングで押し込もうとするが、またも相手の身を挺した守備に阻まれた。

さらに53分には左サイドを抜け出した長友の折り返しのパスに原口が合わせるが、
シュートはゴール右に外れた。

チャンスを逃し続けた日本は54分、大ピンチを迎える。
後方からのフィードを競り合った長友がアルムワッラドに抜け出され、GK川島と1対1に。
すると、川島がアルムワッラドのシュートを鋭い反応で見事にセーブ。
絶体絶命のピンチを逃れた。

しかし63分、日本は最終ラインの裏に浮き球のパスを出されると、
抜け出されたアルムワッラドに右足のシュートを叩き込まれ、先制を許してしまう。
サウジアラビアが1点をリードした。

日本は67分、岡崎に代えて初招集の杉本健勇を投入した。
また80分には柴崎に代えて久保裕也を投入した。

日本は終盤に入り、暑さと疲労からかミスが目立ち、
なかなか効果的な攻撃につなげることができない。
88分、アーリークロスから酒井宏の折り返しを久保がシュートを放つも、
上手くヒットせず枠を外してしまう。

結局、サウジアラビアが1点を守り切り、1-0で勝利。
2006年ドイツ大会以来のワールドカップ出場を決めた。」


日本代表としては非常に悔しさの残る試合となりました。

前の試合でワールドカップ出場は決めていましたが、
最後の試合を気持ちよく勝利で飾りたかったというのは正直なところでしょう。

この悔しさは是非とも本戦で晴らしてほしいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック