cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『三度目の殺人』 出演:福山雅治、役所広司ほか 監督:是枝裕和



今回は『三度目の殺人』について書いていきたいと思います。


内容
勝つことにこだわる弁護士・重盛は、
殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。

解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は
犯行を自供しており、
このままだと死刑は免れない。

しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、
重盛は面会を重ねるたびに、
本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。

三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。


感想
誰が裁かれる者を決め、誰が裁き、誰が裁かれるのか、
これがこの映画のテーマだと言えます。

非常に重く難しいテーマです。

ビジネスライクに法廷戦術を組み立てる重盛が、
過去に殺人の前科がある三隅と面会を重ねることで変化していきます。

この三隅という男は本当に死刑になるべき人物なのか?

弁護士として死刑を免れるべく動いてきた重盛が、
弁護士としての感情を超えて三隅という人物に迫っていきます。

この重盛の心境の変化の過程が丁寧に描かれ、
そして最後には観る者の胸に深く刺さる作品になっています。

多くの人に観られるべき作品だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック