cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
恐れられるバッターであること―イチローが17年連続で敬遠四球
9月18日、マーリンズのイチロー選手がメッツ戦に先発出場し、
3回に回ってきた打席で敬遠四球を記録しました。

これはメジャー1年目の2001年から17年連続となる記録です。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「マーリンズのイチロー外野手が18日(日本時間19日)、
本拠のメッツ戦で「7番・中堅」でスタメン出場。
2点リードの3回2死二塁で、
メジャー1年目の2001年から17年連続となる敬遠四球を記録した。

イチローの敬遠四球は通算181個目。
今季からメジャーで採用された「投げずに敬遠」は自身初だった。

守備側の監督が球審に意思表示するだけで、
投手が1球も投げずに打者が一塁へ歩くという新ルール。
試合時間短縮のために始まったが、
これまでにイチローは「野球の魅力が失われてしまう」と話していた。

4点リードの5回先頭ではマット・ハービーの低めに沈むカーブを捉える左前打を放ち、
2試合連続安打をマーク。
メジャー通算3077安打(歴代21位、MLB.COMによる)とし、
同1死二、三塁からD・ゴードンの三塁打で生還した。
打者一巡した同2死三塁ではハンセル・ローレスから右前適時打を放ち、2試合連続打点。
4試合ぶりのマルチ安打を記録した。
2回先頭は遊ゴロだった。

また、43歳331日での中堅スタメンは自身の持つメジャー最年長記録を更新した。」


敬遠されるということはそのバッターが恐れられているという事の証明であります。

メジャーという舞台で17年連続で敬遠四球を記録するという事が、
いかに凄い事であるかは言うまでもありません。

それもこれもイチロー選手の積み上げてきた実績と実力があってこそです。

偉大なるバッター・イチローがどこまでこの記録を伸ばすのか、これは我々には計り知れないことです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック