FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
久々のエースの輝き―ダルビッシュ、3年ぶりの2桁勝利
9月25日、レンジャーズのダルビッシュ有選手はパドレス戦に先発し、
今季10勝目となる勝ち星を上げました。

ダルビッシュ選手が2桁勝利を上げたのは2014年以来のことです。


このことに関する記事が『フルカウント』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ドジャースのダルビッシュ有投手が
25日(日本時間26日)の本拠地パドレス戦で7回2安打1失点の好投で10勝目(12敗)を挙げた。
2015年に右肘の手術を受けた右腕は14年以来、自身3年ぶり4度目の2桁勝利を達成。
この日は8回からは前田健太投手が救援し、日本人投手のリレーとなった。
9-3で勝利したドジャースは両リーグトップの100勝目。
ダルビッシュは移籍後、本拠地ドジャースタジアム初勝利となった。

2桁勝利に王手をかけたダルビッシュはこの日圧巻の投球を見せた。
初回先頭のアスアヘを投ゴロ、アイバーを三ゴロ、
マイヤーズを空振り三振に仕留めると、2回、3回も3者凡退に打ち取った。
さらに4回先頭のアスアヘからは4者連続三振斬りを見せた。

しかし5回1死走者なしからスパンゲンバーグに死球を与えると、
続くレンフローに左中間へタイムリー二塁打を浴び、この日、初安打初失点。
それでも後続を断つと、その後は点を与えなかった。

好投の右腕を打線も援護。
初回満塁のチャンスからフォーサイスが走者一掃の二塁打を放って3点を先制するなど
5回まで大量8点を奪って主導権を握った。
ダルビッシュはこの日、7回91球を投げ、2安打9奪三振1失点でマウンドを降りた。

8回からはリリーフでの起用が決まっていた前田健太投手が登板。
しかし1死からヘッジスに死球を与えると、味方の拙守も絡んで2失点を喫した。
9回をバイエズが抑えたドジャースは両リーグトップの100勝目に到達した。

ダルビッシュは7回2安打1失点9奪三振で防御率3.86。
前田は1回2安打2失点(自責1)で防御率4.28となった。」


2桁勝利を上げたのは2014年以来というのは意外でした。

ダルビッシュ選手にはやはりエースという言葉が似合います。

エースの輝きを取り戻したダルビッシュ選手はさらなる活躍を見せてくれるでしょう。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック