cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
苦しみの中でもがいて―日本ハム・斎藤佑が6回5安打2失点
9月27日、日本ハムの斎藤佑樹選手がオリックス戦に先発し、
勝ち星はつかなかったものの6回5安打2失点の好投を見せました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪)

日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が
5月31日・DeNA戦以来の2勝目を目指し先発マウンドへ上がり、
6回を5安打2失点。
5奪三振と来季へとつながる投球をみせた。

「チャンスをもらってよかった。結果を出したい」と斎藤佑。
初回から全力投球。
先頭のT-岡田をシュートで二ゴロ、続く大城を外角への変化球で空振り三振。
吉田正は141キロ直球で一ゴロに仕留め3者凡退。
立ち上がりから低めへの制球が安定。
六回1死からロメロに右越えソロを浴びたが、小谷野を右飛。
マレーロを中飛に抑えた。

「丁寧に低めに集めることだけを意識して集中力を切らさないように投げました。
ただ、点を取ってもらったあとのホームランはよくなかったですね。
甘くはいってしまいました。
真っすぐを間違わないようにと思って投げていたので、
あの1球は失投でした」と振り返った。」


斎藤選手は今季も苦しみました。

そういった中で今回の試合での投球は来季に繋がるものだったと言えます。

甲子園を沸かせた頃のあの輝きを再び見せて欲しいと思います。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック