FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
コンバット
gariba-tonneru03.jpg

今回は9月20日に放送された、コンバットについて書きたいと思います。今回のコンバットは最終回ということでガリバートンネルの川島佐助さんがメンバーにこれまでのダメ出しをするという内容でした。そんなダメ出しの最初のその餌食になったのがあきげんの石井元気さん佐助さんはメンバー一の男前として頑張ってきたことは評価しますが、その男前な顔で変な顔を貪欲にすればもっと笑いは取れたとダメ出しをします。続いてダメ出しされたのがあきげんの秋山良人さんでしたその秋山さんに佐助さんは先天性のデブと急性のデブが存在してそのデブの中で先天性のデブのほうが自分のことをデブと生まれながらにちゃんと認識しているためいいデブであると言います。そのデブの種類の中で秋山さんは急性デブであり自分のことをかっこよく思っている節があるためその考えを捨てろと佐助さんはダメ出しをしました。続いてダメ出しされたのがジャングルポケットの斉藤慎二さんでした、その斉藤さんに佐助さんは演技は一定のレベルに達しているのにしゃべりに緩急がないと言います、そしてそれで笑っているのはジャングルポケットのお笑いライブを見に来た2列目の客までだとも言います。そのダメ出しに斉藤さんはちょっと正しいことを言われたと言っていました。続いてダメ出しされたのがジャングルポケットの太田博久さんでした、その太田さんには動きに緩急が無いからぎりぎり笑えないとダメ出し。続いてダメ出しされたジャングルポケットの武山浩三さんにはダメ出しするほどのレベルではなくこち亀を読んで学んだほうがいいと言ってこち亀の27巻を渡しました。続いてダメ出しされたのがぼれろの小庭康正さん、小庭さんには佐助さんもシュウゾウのキャラが一番コンバットで頑張っていたと評価します。しかしそのシュウゾウさんのキャラが最初から一向に成長を見えておらず残念だとダメ出しします。そして小庭さんにシュウゾウのキャラクターはゴミみたいな貯金だからやらないほうがいいといいます、小庭さんもゴミ貯金呼ばわりされてはこれからやれないと言いやらないと言ってしまいます。続いてダメ出しされたぼれろの渡辺敬介さんにはバカだからそれをどうにかしろとダメ出ししました。

burn.jpg

続いては上々軍団の岡見時秀さんと鈴木啓太さんの二人が同時にダメ出しを言われました、その内容はお笑いが好きかどうか聞くだけというものでしたこれには二人も逆に怒っていました。そしてBURNも高坂友衣さんと高田千尋さんの二人でダメ出しをされ、佐助さんは高坂さんにはもっと華のあるブサイクになれと言いましたが高田さんにはダメ出しもしようとはしませんそれに高田さんが怒ると佐助さんは「この半年間で何回sexした?」ととんでもない質問をします、その質問に高田さんは困りますそして回数はわかんないけどしたとは答えます、そこで佐助さんはやっぱりなと言って「女くせぇんだよ」と言います、それに一同は少し納得していました(笑) あとBURNは二年経ったら芸能界にいないとも言って二人を怒らせていました。続いては倉科カナさんでしたが佐助さんは倉科さんの頑張りをほめます、特に「評論女」長ゼリフでの頑張りはすごかったと言います、そして男性陣みんなが狙っていたと言います。そしてそれに対する「こんな三流芸人にやられてたまるか」という拒否の気持ちも佐助さんは高く評価します、その気持ちをできれば高田さんにも持ってほしかったと佐助さんはここでも高田さんのことを言います。そして最後に相方のガリバートンネル三須さんには会い方でもなく友達でもなく相棒を目指していこうと言いました。そしてダメ出しは終わり佐助さんを胴上げすることになりまして胴上げ始まると途中で佐助さんを落としみんなで仕返しをしました。佐助さんはこれにもダメ出しをして終わりました。そして「全然OKじゃないよー!!」例のゴミ貯金の松岡シュウゾウが登場しますそして最後にやはりコンバットやらせて欲しいとメンバー代表してプロデューに言いに行ったはずが松岡シュウゾウで爆笑レッドカーペットに出させて欲しいと私利私欲のためのお願いをしてメンバーから突っ込まれ終了しました。笑いを語る男川島佐助ここまですごいとは最終回にしてそのすごさを思い知らされました。コンバットには本当に面白い時間を本当にありがとうと言いたいです。1年半の間お疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック