FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
かつてのスラッガーの苦難―巨人・村田修一が自由契約
10月13日、巨人は村田修一選手を自由契約にすると発表しました。


このことに関する記事が『東スポweb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「巨人は13日、村田修一内野手(36)に対し、来季の契約を結ばないことを通告し、
自由契約選手として手続きを取ったことを発表した。

村田は2012年に横浜(現DeNA)から国内FA権を行使して巨人へ入団し、
3度のリーグ優勝、12年の日本一に貢献。
昨季は三塁レギュラーとしてチーム唯一の全試合出場を果たし、
ベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞した。

しかし、今季はマギーの獲得により開幕スタメンから外れるなど、出場機会が減少。
後半戦から三塁に定着したが、規定打席には届かず、
118試合で打率2割6分2厘、58打点、14本塁打の成績だった。

この日都内で本人へ通告を行った鹿取GMによると、村田は取り乱す様子を一切見せず、
「はっきり言ってくださってありがとうございます」と頭を下げたという。

村田は2度目のFA権を保持しているが、今季の推定年俸2億2000万円はBランクとなり、
権利を行使した場合も獲得球団は金銭に加え、人的補償が必要だった。
しかし自由契約となれば、移籍への障壁は低くなる。

鹿取GMは
「彼ならまだ十分やれる。
(残り135本に迫った)2000安打も打てる。
ただチームの若返り進める方針の下、(巨人では)多く打席数を与えるのは難しい。
村田君の選択肢を広げることが、せめてもの誠意と考えた。苦渋の選択でした」とした。

シーズン終了後、村田自身は本紙の取材に対し
「1年契約である以上、来年どこのチームでやるかは分からない」と語っていた。
来季は37歳を迎えるが、長打を期待できる右打者で守備も堅実な三塁手は貴重。
本人は現役続行の意思を示しており、今後は他球団による争奪戦が予想される。」


村田選手は日本を代表するスラッガーです。

ここ数年はその影を潜めつつありましたが、やはりその実力は一流と言って差し支えないでしょう。

今の巨人には居場所がなかっただけの話で、
他球団に行けばまだ一花も二花も咲かすことが出来ると思います。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック