FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
野口英世(1876年~1928年)の名言
「家が貧しくても、
体が不自由でも、
決して失望してはいけない。
人の一生の幸も災いも、自分から作るもの。
周りの人間も、
周りの状況も、
自分から作り出した影と知るべきである。」



これは野口英世の名言です。

野口英世といえば黄熱病や梅毒等の研究で知られる細菌学者です。

ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がった人物としても有名です。

現在の千円札に肖像画がデザインされていますので、
日本国民であれば多くの人が知っている人物だと言えるでしょう。

彼は幼い頃に囲炉裏に落ち、左手に大火傷を負います。

これにより左手には障害が残り、
農民として生きていく道は難しくなったため学問の道に進むことを母に勧められます。

そして彼の転機となったのが、
小学生の時に周りの支援もあり左手の手術を受け、
不自由ながらも左手の指が使えるようになったことでした。

このことで彼は医学に興味を持ち、自らもその道を目指すようになったのです。

しかし医師になるまで道のりも決して平坦なものではありませんでした。

金銭的なこと、左手の障害のことで幾度となくその道が閉ざされそうになりました。

しかし彼はその逆境を乗り越え、医師になり、皆が知るような業績を残したのです。

家が貧しくても、 体が不自由でも、 決して失望することなく、
彼はその道をひたすら追い続けました。

その姿に周りが共感し、手助けをしてくれたのです。

この名言はまさに彼の経験に基づいた言葉であるわけです。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック