FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
救世主の降臨か?―川淵会長が内紛ハンド協会に対し怒りをあらわに
会長と副会長が辞任し、内紛状態が続いていた日本ハンドボール協会に対し、
日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長が怒りをあらわにしました。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「川淵会長がほえた! 

団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構の川淵三郎会長(80)が24日、
都内で行われた日本ホッケー協会の新スポンサー、損害保険ジャパン日本興亜の発表会見に出席。

会長と副会長が辞任し、
内紛状態が続いていた日本ハンドボール協会に対し
「怒りすぎて、あきれ果ててものが言えない。
いったい何をしてるんだ!」と、顔を赤くして怒りを爆発させた。

同協会は6月の評議員会で渡辺佳英会長(当時)が、
不適切な会計処理があったとして、蒲生晴明副会長兼専務理事らの解任を緊急動議。
9月の理事会で、第三者委員会が助成金事業の会計処理が不適切だったと報告し、
渡辺会長、蒲生副会長が責任を取って辞意を表明し、
その後、両者ともに理事に選出されなかった。

川淵会長は
「いいとは言えないが、会計処理は修正すればすむこと。
蒲生を追い落とす策略でしかない」と、
新監督招聘(へい)など、改革を進めていた蒲生氏をかばった。
加えて、
「ガバナンスはトップだけを変えてもダメ。
事務局長を有能な人にして、
それ相応の給料を払わないと協会は回らない」と、川淵理論を展開した。

川淵会長は、2つのリーグがあったバスケットボールを「Bリーグ」として、1つのリーグに統合。
15年5月には日本バスケットボール連盟の会長に就任し、
内紛が続いていたバスケット界の改革を進めた。
しかし、これは、国際バスケットボール連盟が主導し設立した
日本バスケットボール界改革のための「タスクフォース」のチェアマンに指名されたから、
直接的に介入できた。
ハンドボールとの関係は、あくまでトップリーグ連携機構会長としての立場でしかなく、
バスケのように直接の改革には手を出せない。

それでも「もう1度、蒲生を復権させてほしい」と、その思いは止まらない。
最後には「俺が会長に就くのが一番いいかな。蒲生が専務理事で」」


川淵会長の推進力は人並み外れています。

それはJリーグ創設で培われたものだったわけですが、
記事にもある通り、Bリーグが創設するまでの過程で改めてその能力の高さが明らかになりました。

今の日本ハンドボール協会には間違いなくそういった推進力が必要です。

救世主の降臨が望まれています。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック