FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~
11月11日、中野サンプラザにて
「アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~」が行われました。


このコンサートの模様を伝える記事が『ザテレビジョン』に掲載されていたので以下で紹介します。

「アンジュルムの秋ツアースペシャル公演
『アンジュルム コンサート 2017 Autumn 「Black & White」special ~風林火山~』が
11月11日に中野サンプラザにておこなれた。
本ツアーは、
新メンバーの船木結(ふなき むすぶ/カントリー・ガールズと兼任)、
川村文乃(かわむら あやの)を迎え、
10人体制でパフォーマンスを行なう初めてのもの。
個性派集団のアンジュルムが新たなメンバーを加え、
さらにパワーアップした姿を見ようとチケットは昼公演・夜公演ともソールドアウト。
各公演で約2200人ずつを動員し、
満席となった会場でメンバーとファンが一体となった最高のライブが繰り広げられた。

また今回のステージでは、
12月13日(水)発売のBlu-ray/DVDシングル
「マナーモード/キソクタダシクウツクシク/君だけじゃないさ...friends」の全曲が初披露。
アンジュルム改名以降の王道を感じさせるロックチューン「マナーモード」に続き、
メッセージ性の強い「君だけじゃないさ...friends」をパフォーマンス。
会場からは大きな喝采が起こっていた。

後半は白い衣装をまとったメンバーが「次々続々」を皮切りに、
ライブのキラーチューンである
「カクゴして!」「私、ちょいとカワイイ裏番長」「大器晩成」などの9曲をほぼノンストップで熱演。
持ち前の攻めのナンバー群で会場のボルテージは最高潮へと達した。
アンコールでは、この日初披露となった新曲3曲のうち、
最後の一曲「キソクタダシクウツクシク」を披露。
新曲の中で最も刺激的な恋愛ソングに披露後会場からは、再度大きな喝采があがっていた。

締めの挨拶では今回のツアーで初のホールコンサートを体験した川村文乃が、
「皆さんの声援が全身に伝わって嬉しかったです」と興奮した様子でコメント。
また、竹内朱莉はアンコール中のビジョンに映しだされた“風林火山”の書は、
自身が書いたものと我慢できずに(!?)告白し、会場からは拍手が起こる一幕も。
和田彩花はこのコンサートのリハーサルから振り返り
「アンジュルムは(川村と船木の)2人が入ったことで、
10人の個性が際立つグループになったと思いました。
今後はそれを活かしてパフォーマンスにつなげていけたらなと思います」と宣言。
アンコールラストには「友よ」が披露され、
これからのアンジュルムに大きな期待が高まる中で公演は終了した。」


色々な見方がありますが、自分はアンジュルムの勢いは増していると見ています。

そこには、新メンバー(船木、川村)の加入の効果もあるでしょうし、
笠原桃奈(かっさー)が目覚ましい成長を見せている効果という事も考えられます。

このように10人体制のアンジュルムはある程度以上の成功を見せているわけですが、
忘れていけないのはアンジュルムの異端児(?)相川茉穂(あいあい)が休養中という事です。

あいあいが復帰したらアンジュルムがさらに面白くなる!、
これはアンジュルムのファン皆の思いでしょう。

あいあいにはしっかり休養をした後に復帰してもらって、
今後のアンジュルムが更なる進化をするための起爆剤になってほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック