FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『探偵はBARにいる3』 出演:大泉洋、松田龍平ほか 監督:吉田照幸



今回は『探偵はBARにいる3』について書いていきたいと思います。


内容
札幌にあるアジア最北の歓楽街・ススキノ。

この街の裏も表も知り尽くす探偵のもとに、
相棒である高田が人探しの依頼を持ち込んでくる。

失踪した女子大生・麗子について調査を開始した探偵たちは、
モデル事務所の謎めいた美人オーナー、マリに翻弄されるうちに、
いつしか大きな事件に巻き込まれていく。


感想
作家・東直己さんの「ススキノ探偵シリーズ」を
大泉洋さんと松田龍平さんの共演で実写映画化した人気シリーズもこれで3作目となりました。

1作目と2作目は東直己さんの小説を原作にしていましたが、
今回の3作目は原作シリーズのエッセンスを結集したオリジナルストーリーです。

原作ファンとしては「どうなっているのだろう?」という不安もありましたが、
結果的には大成功だったと言えるのではないでしょうか。

原作ファンにもお馴染みの「モンロー」というキャラクターが映画に初登場したりと、
前2作品と同様に原作ファンを喜ばせる内容だったと言えます。

この映画の良し悪しはヒロインがどれだけ魅力的かによって決まってくると自分は思うのですが、
その点において今回の作品でヒロイン・マリ役を演じた北川景子さんは完璧だったと言えます。

北川さんが演じたマリは実に魅力的で、探偵の心そして観客の心を鷲掴みにしていました。

そして相変わらず探偵と高田を演じた大泉洋さんと松田龍平さんのコンビネーションは抜群で、
2人のやり取りでは観客を笑わせ、そしてアクションシーンでは熱くさせていました。

まだ予定はないそうですが、次回作への期待も高まってきます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック