FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
規格外の天才―米国の野球ゲームの中で大谷翔平が2人扱いに
米国の野球ゲーム「ファンタジー・ベースボール」の中で、
エンゼルスに入団が決まった大谷翔平選手が、投手大谷と打者大谷を分けられ、
1人の選手でありながら2人の別人扱いにすることが決まったそうです。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「メジャーで二刀流に挑戦するエンゼルス大谷翔平投手(23)の誕生で、米
ファンタジー・ベースボール業界が歴史的な決定を下したことが14日、明らかになった。

ベースボール・アメリカ電子版によると、
米ファンタジーゲームの大手ヤフー社が、
大谷の二刀流に対応する方法として投手大谷と打者大谷を分け、
1人の選手でありながら2人の別人扱いにすることを決定したという。
ゲーム参加者がその日の試合で、もし投手大谷を選んだ場合、
大谷が登板して打席にも立ったとしても、
その打席の成績はゲームの点数に影響しないことになる。

ファンタジー・ベースボールは、
ゲーム参加者が実在の選手をドラフトやトレードなどで編成して
架空のチームを作り実際の選手の活躍、成績によって点数を競うゲーム。
大谷のポスティングシステムによる移籍が決まってから、
ファンタジーゲーム各社は、
ソフトウエア開発者も含めどう対応するか協議を重ね続けており、
ヤフー社内では大谷を投手、打者の2役で参戦させる案も出たという。
しかしソフトウエア開発の観点からそれは難易度が高く、
ゲーム参加者にとっても起用法が難しくなる。
ヤフー社は今後、他に二刀流選手が出てきた場合でも同様の対応を取る予定。
この決定を受け、同業他社も追随する可能性もありそうだ。」


このニュースを見ると、大谷選手の存在がいかに異例であるかが分かります。

従来の枠にはまらない、まさに規格外の選手であります。

しかもただ投手と野手をこなすだけでなく、
そのどちらともで高い能力を発揮しているわけですから本当に天才と呼ぶしかありません。

大谷選手には、
ゲームのみならず実際の試合でもその規格外の才能を見せつけてほしいですね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック