FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
苦難を乗り越え掴んだ切符―宮原、全日本4連覇で平昌五輪代表内定
12月23日、宮原知子選手がフィギュアスケート・全日本選手権を制し、
女子フィギュア平昌五輪代表に内定しました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「フィギュアスケート・全日本選手権第3日(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)
平昌五輪代表最終選考会を兼ねて行われ、代表2枠の女子フリーは、
ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(19)=関大=が
合計220・39点で4連覇を飾り代表に内定した。
坂本花織(17)=シスメックス=が合計213・51点で2位に入り、代表入りが有力となった。
年齢制限で平昌五輪に出られない紀平梨花(15)=関大KFSC=が合計208・03点で3位、
本田真凜(16)=大阪・関大高=は合計193・37点で7位だった。
日本スケート連盟は24日、全種目終了後に代表を発表する。 

ソチ五輪以降の全日本で無敗の宮原が、女王の貫禄を示した。
日本勢でグランプリ(GP)ファイナル最上位の5位、3シーズン対象の世界ランキングもトップ。
SPは坂本から0・36点差の2位と上々の滑り出しだった。
この日は冒頭の3回転ループを含め、7つのジャンプすべて成功。
演技後は珍しくガッツポーズし、浜田美栄コーチ(58)と抱き合った。

左股関節の疲労骨折から11月に実戦復帰し、3戦をこなした。
調整で追い込みすぎないように曲を流した練習であえてジャンプやスピンを抜くなど、
余裕を持たせる工夫で状態を合わせてきた。
苦難の時期を乗り越え、逆転で初の五輪切符をつかんだ。

今季、シニア本格参戦した坂本は当初、代表争いではダークホース的存在だったが、
11月下旬のスケートアメリカで2位に入り、有力候補に躍り出た。
真っ赤な衣装で重圧のかかる最終滑走に挑んだが、
重圧をはね飛ばす熱演で、会心の笑みを浮かべた。

2016年世界ジュニア選手権女王の本田は、持ち前の表現力を武器に挑んだが、
ジャンプの基礎点が1・1倍となる後半にジャンプのミスが目立った。
五輪代表の2人目は全日本2、3位や全日本優勝者を除くGPファイナル上位2人、
全日本終了時の3シーズンを対象とした世界ランキング、
今季の世界ランク、国際スケート連盟公認の今季の合計得点で
それぞれの上位3人のいずれかを満たす選手から判断するため、
該当しない本田の代表入りは絶望的となった。」


代表争いが本格化する時期にケガをしてしまい、
かなり不利な状況に置かれていた宮原選手ですが、
やはり全日本を3連覇していた実力はダテではありませんでした。

見事な4連覇達成と、五輪への切符奪取となりました。

平昌五輪での活躍も期待されます。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック