FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『本を読んだ人だけがどんな時代も稼ぐことができる』 千田琢哉



今回は千田琢哉著
『本を読んだ人だけがどんな時代も稼ぐことができる』について書いていきたいと思います。


内容
著書累計140万部超の文筆家・千田琢哉は、
大学時代4年間だけでも書籍購入代が1000万円を超えるほど本を読んできました。

そして現在まで、その読書量は膨大なものとなりました。

そんな著者が選んだ、
「稼ぐ力」を得るための25冊を紹介します。

「お金の本質を教えてくれる本」、
「独立・起業の不安を解消してくれる本」、
「投資の世界で羅針盤となる本」、
「だまされない知識をつけるための本」などなど、
テーマごとに徹底紹介します。

稼ぐために本を読もう。

本宮ひろ志『俺の空』から『ゲーテとの対話』まで、
千田琢哉が選ぶマネー力が貯まる25冊。


感想
著者は冒頭で、゛稼ぐ力とは「気づく力」に「行動力」を累乗したものだ"と結論付けています。

じゃあその「気づく力」と「行動力」を向上させる方法は何かというと、「読書」であるわけです。

数多くの本を読んできた著者が、
これまでに読んできた本の中から選んだ
「稼ぐ力」を向上させることの出来る本を紹介しているのがこの本です。

ビジネス界から信頼の高いドラッガーや大前研一の本が紹介されている一方で、
『ももたろう』や『シンデレラ』といった童話も紹介されるなど、
紹介されている本は実にバラエティに富んでいます。

『ももたろう』や『シンデレラ』は、
ただ読み流していると、その価値に気付くことは出来ないでしょう。

しかしその記述の中から意味を読み解き・考えると、その真の価値に気付くことが出来るわけです。

これはこの2つの童話に限った話ではありません。

多くの本に共通する部分があるのです。

そういった事に気付く事が出来るこの本は、
これから本を読み・味わい・考える上で是非とも読んでおきたい本だと言えます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック