FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
第二の人生がスタート?―ボルト、3月にドルトムント入団テスト挑戦
昨年8月に陸上を現役引退したウサイン・ボルトが、
3月にサッカー・ドイツ1部のドルトムントで入団テストを受けると報じられました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「あのボルトが香川の同僚に!?
英紙サンデー・エクスレスは
陸上の男子100メートル、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルト氏(31=ジャマイカ)が、
3月にMF香川真司(28)が所属するドイツ1部ドルトムントで入団テストを受けると報じた。
同紙によれば、ともに契約も結ぶプーマ社の計らいもあり実現する見通しという。

ボルト氏は同紙に
「このテストで自分がサッカーでどれだけできるのか、はっきりすることになるだろう。
もし周囲が『できる。少し練習が必要』と言うならば、私はやるだろう。
今はちょっとナーバスになっている。
普段はそうならないが、サッカーとなると話は別。
慣れるのには時間が必要となるだろう。
でも何試合かこなしたら、慣れると確信している」とコメントしている。

またボルト氏はイングランドの名門マンチェスターUの大ファンのようで、
「私の大きな夢のひとつが、マンチェスターUでプレーすることなんだ。
もしボルトムントで私を優秀と判断したら、私は自身にハードなトレーニングを課すだろう。
(元マンチェスターU監督の)アレックス・ファーガソンとも話しをした。
チャンスはあると思う。
私は中途半端では満足しない。
やるならトップリーグで、トップを目指したい」と意気込みを語っている。

数々の記録を打ち立てた陸上界のスーパースターのボルト氏は
昨年8月の世界陸上ロンドン大会を最後に現役を引退。
その後日本に来日した9月には、川崎Fの練習場を電撃訪問し、
選手の前で「毎日頑張れば結果は残せる。僕もそうやって残してきたから」と激励。
中村が「過去最大の勝ち運(を運んできてくれた)」と話していたとおり、
川崎Fは逆転での悲願のリーグ初Vを飾った。
ボルト氏がサッカー界で再び輝けるのか注目が集まる。」


サッカーの世界でも成功することはそう簡単ではないでしょう。

しかし、もし活躍したら?、もしかしたら活躍するのでは?という期待を持ってしまうのです。

ボルトはそれだけの男です。

何だか面白いことになりそうです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック