FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
『ずっと好きでした。presented by 胸キュンスカッと』



今回は、2017年の7月5日に発売された、
トリビュートアルバム『ずっと好きでした。presented by 胸キュンスカッと』について書きたいと思います。


収録曲
1. フジファブリック「若者のすべて」
2. Czecho No Republic「No Way」
3. YUI「SUMMER SONG」
4. miwa「441」
5. 秦 基博「Girl」
6. SUPER BEAVER「わたし」
7. Anly「いいの」
8. レミオロメン「Sakura」
9. sumika「Lovers」
10. フラワーカンパニーズ「ビューティフルドリーマー」
11. CHiCO with HoneyWorks「恋のコード」
12. Iris「小さな声」
13. 鶴「燃えるような恋じゃないけど」
14. Little Glee Monster「会いにゆく」
15. ナオト・インティライミ「Overflows~言葉にできなくて~」


感想
この『ずっと好きでした。presented by 胸キュンスカッと』は、
『痛快TV スカッとジャパン』の人気コーナー「胸キュンスカッと」内で
これまで使用された劇中歌を収録したコンピレーションアルバムです。

このコーナーに色を添えてきた胸キュンな曲が多数収録されています。

青春のキラキラだったり、
青春の苦しさだったりをこの一枚が感じる(思い出す)ことが出来るのです。

一曲目に収録されたフジファブリックの「若者のすべて」は、
恋の素晴らしさを高らかに歌った曲ではありません。

どちらかといえば切ないような気持ちにさせられるような、
キラキラだけではない青春の一部分を写し出した曲です。

そんな曲を一曲目に持ってくるという所がこのアルバムの何とも憎いところです。

是非とも青春を様々をこのアルバムで感じて下さい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック