FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
モーニング娘。の結成メンバーがハロコンで再集結
1月28日に行われたハロプロのコンサートで、
モーニング娘。の結成メンバーがサプライズで登場しました。


このことに関する記事が『東スポWeb』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。」の
初代リーダー・中澤裕子(44)をはじめ、
石黒彩(39)、飯田圭織(36)、安倍なつみ(36)、福田明日香(33)の結成メンバー5人が28日、
愛知県芸術劇場大ホールで行われたハロプログループ全体コンサートにサプライズ登場し、
メジャーデビュー曲「モーニングコーヒー」を披露した。
「実現不可能」とまで言われていた結成メンバー5人再集結の“舞台裏”は――。

まさに“奇跡の一日”だった。

中澤ら結成メンバーは20年前の1998年1月28日にメジャーデビュー。
そのメモリアルデーに集まった5人に会場のファンもどよめいた。

安倍のソロパートでは「なっち! なっち!」の大きなコールが飛んだ。
囲み取材で安倍は
「緊張したんですが、久々の『なっちコール』がうれしくて、しびれました!」と明かす。

この再集結実現にはさまざまな困難があった。

その一つが現在「asuka」のアーティスト名で活動する福田だった。
福田はメジャーデビューから約1年後の99年に芸能界を電撃引退。
2011年に芸能活動を再開したが、しばらく表舞台では4人と共演することはなかった。

そんな事情がありながらも、
福田は「5人揃ってやったぜ!という感じです」とひょうひょうとしたもの。
これに4人からは「明日香らしい!」と笑いが起こったが、
舞台裏では、中澤も「えっ、明日香来るの?」と驚きを隠せなかったという。

「福田さんも事務所を移籍しているので、普通なら絶対に無理です。
ただ、プライベートでは5人は交流があった。
そういうバックボーンがあったからこそ、
この再集結のプランが進んだそうです」(テレビ局関係者)

その中澤はというと活動の地を福岡に移している。
実は「福岡ではレギュラー番組を複数抱える売れっ子です。
ママ業もあるので、中澤さんのスケジュールを押さえるのも大変なんですよ」(前出局関係者)

結成メンバーの5人が今やママ。
それぞれの事情があった。

だが、コンサートが行われた名古屋の地は、5人がインディーズ時代、
メジャーデビューの条件として課せられていた
インディーズシングル「愛の種」5万枚を手売りで完売させた思い出の地でもあった。

「奇跡的にメジャーデビューの記念日に
思い出の地である名古屋でのハロプロ全体でのコンサートがあった。
運命的な巡り合わせということで、5人も何とかスケジュールを調整しました」とは事務所関係者。

当時について安倍は
「みんながライバルだった。
もともとはそれぞれがソロになりたくて、オーディションを受けていた。
今が一番仲が良いかな」と振り返る。
感情的なもつれもあった5人だが、時を経て、お互いに許し合えるようになった。

5人のオーラを間近で勉強したハロプロ現役メンバー全員にも大きな財産となった。」


やはり結成メンバーはレジェンドという感じがします。

20年の歴史の始まりがこの5人であり、
この5人がいなければハロプロの歴史は無かったと考えると、本当に偉大な5人だと言えます。

そんな5人が再集結し、
今回このようにハロコンに姿を現したことの意義はとても大きいものがあります。

記事にもありますが、現役メンバーがこの5人のオーラを感じことは大きな財産です。

ハロプロがさらに歴史を重ねていく上で、
今回の事はハロプロの重要な歴史の1ページに刻まれると言えます。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック