FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
時代に繋がれる2冠の血―牝馬2冠のミッキークイーンが引退
2015年の「オークス」と「秋華賞」を制したミッキークイーンが、
1月31日付で競走馬登録を抹消しました。


このことに関する記事が『スポーツ報知』に掲載されていたので以下で紹介します。

「JRAは1月31日、
2015年のオークス・G1などに優勝したミッキークイーン(牝6歳、栗東・池江泰寿厩舎)の
競走馬登録を同日付で抹消した。
今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖馬となる予定。

父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ(父ゴールドアウェイ)の同馬は
14年12月にデビュー。
翌15年のオープン特別、忘れな草賞を勝って、3番人気で臨んだオークスに優勝。
同年秋は1番人気で秋華賞を勝ち、牝馬2冠を手にし、
同年のJRA賞最優秀3歳牝馬に輝いた。
その後も16年ヴィクトリアマイル2着、同エリザベス女王杯3着など上位争いを続け、
昨年は宝塚記念とエリザベス女王杯で連続3着。
ラストランとなった有馬記念は11着に敗れたが、トップクラスの牝馬として活躍した。

ほかの主な勝ち鞍は17年阪神牝馬S・G2。通算17戦5勝。

池江調教師
「オーナーサイドから繁殖にするという連絡がありました。
桜花賞は除外になりましたが、牝馬2冠を制し、
JRA賞を取ってくれるなど、素晴らしい成績を残してくれました。
古馬になり、左前の靱帯(じんたい)を痛めて思うように走れない時期もありましたが、
いつも一生懸命に頑張ってくれました。
悔いは残りますが、いい産駒を出して欲しいと思っています。
(初年度は)ロードカナロアを付けると聞いています」」


最近は勝ちきれないレースが続いていましたが、
それでも牝馬2冠を達成したことは錆びることのない輝かしい記録だと言えます。

今度はお母さんとして子供たちに牝馬2冠の血を伝え、
大活躍する競走馬たちを世に送り出してほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック