FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
強い強すぎる―比嘉大吾が初回KOでV2を達成
2月4日、プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチが行われ、
王者である比嘉大吾選手が同級9位のモイセス・フエンテス選手を初回KOし防衛を果たしました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦 
王者・比嘉大吾―同級9位モイセス・フエンテス
(2018年2月4日 沖縄県立武道館)

狙って、奪ったKO劇だった。
王者・比嘉大吾(22=白井・具志堅)が、
挑戦者で同級9位のモイセス・フエンテス(30=メキシコ)を1回2分32秒にKOで下し、
2度目の防衛に成功。
積極的に前に出てくる挑戦者はかっこうの獲物だった。

立ち上がりの1回、比嘉は右ボディーストレートであっけなくキャンバスに沈めた。
「高いお金を払って1ラウンドで終わってすみません。
TV局の皆さんもすみませんでした。
倒すと言って臨んだので、やっぱかっこいいですね。
持ってる男ですね」。
激闘の傷跡もなければ、汗もほんのわずか。
15戦連続KO勝利は86年の元WBC世界スーパーライト級王者・浜田剛史(帝拳)、
07年の牛若丸あきべぇ(協栄)の日本最多記録に並ぶ史上3人目の快挙となった。

沖縄での世界戦開催は所属ジムの会長で、
同県石垣島出身の具志堅用高会長(62)が現役時代の81年に
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチでペドロ・フローレス(メキシコ)に12回KO負けで、
同王座の14連続防衛に失敗して以来。
同県浦添市出身の愛弟子がその無念を晴らした。
そんな比嘉に具志堅会長は「もう試合が終わった」とおどけ、潤んだ目を隠した。

これでプロデビューから15連続KO勝利。
「KOがなければただの世界王者。
特別な王者になるためにもこれからもKOを続けたい」と比嘉。
22歳のチャンプはまだまだ記録を伸ばし続ける。」


師匠である具志堅さんの果たせなかった地元での勝利を果たし、
見事に師匠の無念を晴らした形となりました。

それにしてもあまりにも強すぎます。

この勢いと強さでどんどん防衛の数を伸ばしていくことは間違いないでしょうね。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック