FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
子どもの頑張りで父親を救えるか―オウケンムーンが3連勝で共同通信杯を制覇
2月11日、G3「共同通信杯」が行われ、6番人気のオウケンムーンがこのレースを制しました。

オウケンムーンにとってはこれが重賞初制覇となりました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「2月11日の東京11Rで行われた第52回共同通信杯
(3歳オープン、別定、GIII、芝1800メートル、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、
北村宏司騎手騎乗で6番人気のオウケンムーン(牡、美浦・ 国枝栄 厩舎)が
中団待機から直線で鋭く抜け出して勝利。
2戦目の未勝利勝ちから一気の3連勝で重賞初Vを果たした。
タイムは1分47秒4(良)。

2着は後方から脚を伸ばした3番人気のサトノソルタス、
3着には2番手から抜け出して粘り込んだ10番人気のエイムアンドエンドが入線。
武豊騎手騎乗で1番人気に支持されていたグレイルは、
中団待機から直線で外に持ち出されるも伸び切れず7着に敗れた。

オウケンムーンは、父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ、母の父エリシオという血統。
通算成績は4戦3勝。
共同通信杯は国枝栄調教師が初勝利、
北村宏騎手は04年マイネルデュプレ以来となる2勝目。」


記事にもあるように、オウケンムーンはオウケンブルースリ産駒です。

オウケンブルースリ産駒が重賞が制覇するのはこれが初めてです。

オウケンブルースリは年々種付けの頭数が減少していて、
種牡馬として廃用の危機を迎えています。

そういった中でこの子ども頑張りが、
父オウケンブルースリの種牡馬としての価値を上げたことは間違いないでしょう。

子どもの頑張りで父親が救われるというのは何とも美しいものです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック