FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
王者の帰還―羽生結弦 金メダルで66年ぶりの五輪連覇
2月17日、平昌オリンピックの男子フィギュアのフリーが行われ、
羽生結弦選手がソチオリンピックに続いての金メダルを獲得しました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「◇平昌冬季五輪 
フィギュアスケート男子フリー(2018年2月17日 韓国・江陵アイスアリーナ)

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが江陵アイスアリーナで行われ、
ソチ五輪・金メダルの羽生結弦(23=ANA)が206・17点をマーク。
前日のショートプログラム(SP)111・68点と合わせ、計317・85点で金メダルを獲得。
五輪男子66年ぶりの2連覇を達成した。
これが日本の今大会金メダル第1号。
宇野昌磨(20=トヨタ自動車)も計306・90点で銀メダルを獲得し、
日本フィギュア史上初のワンツー表彰台となった。

昨年11月のNHK杯の公式練習中に右足首を負傷し、
今大会が同10月のロシア杯以来約4カ月ぶりの実戦復帰となった羽生。
SPでは3つのジャンプをしっかり着氷し、
自己の持つ世界歴代最高112・72点に迫る111・68点をマークし首位発進。

フリーでも冒頭の4回転サルコーを見事に着氷し、前半は危なげなくジャンプを決めた。
ジャンプの基礎点が1・1倍になる後半の4回転トーループでは
大きくバランスを崩したが転倒せず。
最後のジャンプとなった3回転ルッツでも前のめりとなったが、
きっちりと滑り切って206・17点をマーク。
合計317・85点で優勝した。

自己ベストに肉薄する104・17点をマークしSP3位だった宇野は、
フリーで冒頭の4回転ループで転倒したものの執念で立て直し202・73点。
合計306・90点で、
SP2位の元世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン=26)をわずか1・66点上回り、
銀メダルを獲得した。
銅メダルはフェルナンデス。

五輪初出場の田中刑事(23=倉敷芸術科学大大学院)は
SP80・05点、フリー164・78点をマークして、合計244・83点。
フリーでは五輪ではまだ1度も決まっていなかった4回転サルコ―は
冒頭で見事に着氷し、意地を見せ、18位だった。」


本当に出来過ぎの展開です。

漫画の主人公だってこんなに上手くはいきません。

そんなあり得ないことを、現実にやってのけてしまうというのですから驚きです。

絶対王者の五輪の舞台への帰還は必然の事であり、
金メダル獲得はなるべくしてなったことだったと言えます。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック