FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
不振からの脱却―ノンコノユメがフェブラリーステークスを制覇
2月18日、G1「フェブラリーステークス」が行われ、4番人気のノンコノユメが勝利しました。

ノンコノユメにとってはこれがJRA・G1初制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「ダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(G1、ダート1600メートル)が18日、
東京競馬場11Rで行われ、
内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(せ6=加藤征厩舎)が優勝。
去勢後の不振から脱却し、
連勝でJRA・G1初制覇となった。

ハイペースの中、後方から競馬を進めたノンコノユメ。
鞍上の内田は
「作戦通り。
有力馬が前にいたのでそれを見ながら。
末脚はいいので、必ずいいところに来ると思っていた」と
充実した表情でレース展開を振り返った。

ノンコノユメは3歳時にジャパンダートダービーを制したが、
古馬になってからは勝ち星に恵まれなかった。
さらに去勢後は上位争いにすら食い込めず悔しいレースが続いていた。
前走の根岸Sで久々の勝利を挙げ、これで連勝。
完全復活を印象付け、
「結果が出ない悔しい思いを晴らすような走りだった。
騎手冥利に尽きます」と内田は満面の笑み。
「また大きいところを狙ってほしいと思います」と今後についても大きな期待を寄せた。」


ノンコノユメは4歳の時に去勢をして騸馬(セン馬)となった後、
しばらく不振が続き、勝利から遠ざかっていました。

そんな不振を抜け出すきっかけとなったのが前走G3「根岸ステークス」でした。

このレースをレコードタイムで勝った勢いそのままに、今回のレースも勝利したわけです。

この勢いはしばらく止まらないんじゃないでしょうか。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック