FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
クラシック戦線に向けて好発進―ダノンプレミアムが無傷4連勝で「弥生賞」を制覇
3月4日、G2「弥生賞」が行われ、1番人気のダノンプレミアムが勝利しました。

デビューから4連勝で重賞3勝目を挙げました。


このことに関する記事が『サンケイスポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「3月4日の中山11Rで行われた第55回弥生賞
(3歳オープン、GII、芝・内2000メートル、馬齢、10頭立て、1着賞金=5400万円)は、
川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンプレミアム(牡、栗東・中内田充正厩舎)が快勝。
好スタートからサンリヴァルに先頭を譲ったダノンプレミアムは、
道中は4馬身ほど離れた2番手を追走。
荒れの目立つ内めを避けて4コーナーでは馬場の真ん中に持ち出し、
ラスト1ハロン過ぎに先頭。
余裕たっぷりの手応えで後続の追撃を振り切った。タイムは2分1秒0(良)。

1馬身半差の2着には中団追走からゴール前猛追したワグネリアン(2番人気)、
さらに半馬身差離れた3着に好位から伸びたジャンダルム(4番人気)。
上位3頭が皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。

弥生賞を勝ったダノンプレミアムは、
父ディープインパクト、母インディアナギャル、母の父インティカブという血統。
北海道新ひだか町・ケイアイファームの生産馬で、馬主は(株)ダノックス。
通算成績4戦4勝。
重賞は2017年朝日杯フューチュリティS・GI、
サウジアラビアロイヤルC・GIIIに次ぐ3勝目。
弥生賞は、中内田充正調教師は初優勝、
川田将雅騎手は2014年トゥザワールドに次いで2勝目。

◆川田将雅騎手(1着 ダノンプレミアム)
「無事に今年初戦を終えることができてよかったと思います。
3、4コーナーから馬場があまり良くなかったので、
4コーナーはあの辺を通ってきたのですけど、
いい手応えで回ってくることができました。
今日は強く力(りき)むところや走りたい気持ちを強く出すところもありましたが、
コーナー4つも2000メートルもこなしてくれました」」


この強さは本物です。

父ディープインパクトを思わせるような無敗での重賞4連勝とくると、
やはり次なる期待はクラシック制覇、その次はダービー制覇と、次々と夢は広がってきます。

今年のクラシック戦線はダノンプレミアムから目が離せなくなりそうです。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック