FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
再び輝く時を信じて―羽生結弦が世界選手権を欠場
3月7日、羽生結弦選手が世界選手権を欠場することが発表されました。


このことに関する記事が『デイリースポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「日本スケート連盟は7日、
平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が
代表入りしていた世界選手権(21~24日、イタリア・ミラノ)を欠場すると発表した。
羽生に代わり、補欠の友野一希(19)=同大=が出場する。

羽生は五輪から帰国後に、
精密検査を受け右足関節外側じん帯損傷と腓骨筋腱損傷で、
今後2週間の安静と3カ月のリハビリ加療が必要と診断された。

連盟を通じてコメントを発表し「これまでたくさんの応援ありがとうございます。
診断の結果、世界選手権に出場出来なくなりましたが、
一日も早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、
少しずつできることを続けていきます」とした。

羽生は昨年11月に右足首のじん帯を損傷。
まだ痛みの残る中、痛み止めを飲みながら平昌五輪に出場し、
魂の演技で連覇を達成したが、大会後には
「痛み止めを飲まないとジャンプを降りれる状態でも、跳べる状態でもない。
なので治療期間が欲しいとは思う」と話していた。」


世界選手権への出場をあきらめるほどに怪我の具合が思わしくないことを見ると
本当にあの五輪連覇が奇跡的だったことがよく分かります。

間違いなく羽生選手は日本の宝です。

ここで無理をせず、再びリンクで輝ける時を信じて、しっかりと治療に専念してほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック