FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
若手のホープに希望は無し(?)―船橋競馬の騎手である中野が引退か
船橋競馬の中野省吾騎手に対し4月1日以降騎手免許を交付されないことが、
15日にNAR(地方競馬全国協会)から発表されました。

これを受け中野騎手は、騎手を引退することを含めて検討しているそうです。


このことに関する記事が『日刊スポーツ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「15日にNAR(地方競馬全国協会)から、
4月1日以降騎手免許を交付されないことが発表された船橋の中野省吾騎手(26=渡辺薫)は、
公正保持のため、16日の船橋競馬で7鞍すべて乗り替わりとなった。
調整ルーム入室後に無断退出したことによるもの。
また、これにより16日から29日まで実効10日間の騎乗停止となった。

昨年のワールドオールスタージョッキーズに地方競馬代表として出場するなど、
若手のホープとして期待されていたが、制裁が多かった。
NARは過去1年の制裁内容を精査し、4月1日付の免許を交付しないことを決定。
15日夜に担当者から伝えていた。
30日の大井競馬には騎乗可能だが、
それも含めて「今後のことはまだ決まっていません」と中野騎手。
1年後には免許の再取得ができるが、
南関東での復帰については現時点では考えていないという。
師匠の渡辺薫師は「復帰して欲しいという気持ちは伝えたが…」と、
愛弟子の突然の免許失効に言葉を詰まらせた。
中野騎手は
「海外に行くことも考えています。
もしそこで競馬に関われるなら幸せですね」と含みを残したが、
このまま騎手引退の可能性もある。」


いくら若手のホープだと言っても、素行が悪いのではこのようになっても仕方がないと言えます。

かつては実力の高さでプライベートの悪行を許されたこともあったのでしょうが、
現在はそういう時代ではありません。

自らが悪行をしたことで自らの未来が閉ざされるという事があるのです。

気を付けなければならない事です。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック