FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
「国民の馬」の跡を継ぐ馬―スワーヴリチャードが「大阪杯」を制覇
4月1日、G1「大阪杯」が行われ、1番人気のスワーヴリチャードが勝利しました。

スワーヴリチャードにとってはこれがG1初制覇となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「昨年からG1に昇格した
春の中距離王決定戦「第62回大阪杯」(G1、芝2000メートル)が1日、
阪神競馬場11Rで行われ、
M・デムーロ騎手騎乗の1番人気スワーヴリチャード(牡4=庄野厩舎)が優勝。
4度目の挑戦でG1初制覇を果たした。

出遅れて最後方からの競馬となったスワーヴリチャード。
スローペースの展開となると、デムーロは3コーナー手前から大まくりの奇襲。
一気に先頭に並びかけると、直線でも勢いは衰えずそのまま押し切った。
勝ちタイムは1分58秒2(良)。
3/4馬身差の2着には追い込んだペルシアンナイト、
さらに3着にはアルアインが入り、
4歳世代が上位を独占した。

勝ったスワーヴリチャードは父ハーツクライ、母ピラミマという血統。
昨年はダービーで2着に入るなど、
世代トップクラスの能力を示したが、G1タイトルには手が届かず。
4歳になった今年初戦は金鯱賞を完勝し、このレースに臨んでいた。
通算戦績は10戦5勝。
これまで重賞3勝すべてが左回りだったが、右回りでも強さを発揮した。

鞍上のデムーロは中央G1通算25勝目で今年は初勝利。
管理する庄野師は開業12年目でうれしい中央G1初勝利。

昨年、このレースの初代王者に輝いたキタサンブラックは
その勢いのまま年間G1・4勝を挙げ、年度代表馬にも選出された。
絶対王者が引退し、主役不在で迎えた今年の古馬中距離路線だったが、
最多7頭が出走した4歳世代のスワーヴリチャードが世代交代を印象付けた。」


このレースの初代王者であるキタサンブラックは、
このレースでの勝利をキッカケに「国民の馬」と呼ばれるまでに成長しました、

そんな「国民の馬」であるキタサンブラックは昨年引退し、
その後を継ぐような競走馬が出てくることが期待されています。

今回はスワーヴリチャードが優勝しましたが、
まだまだ「国民の馬」を継ぐような存在にはなることが出来ていないでしょう。

逆に言えば、
これからのレース次第では「国民の馬」を継ぐような存在になれるという事でもあります。

期待して見守りましょう。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック