FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
衝撃のゴール―コンサドーレ札幌・都倉がバイシクルシュートでゴール
4月7日、J1リーグの第6節・札幌対名古屋の試合が行われ、札幌が3対0で勝利しました。


このことに関する記事が『ゲキサカ』に掲載されていたので以下で紹介します。

「[4.7 J1第6節 札幌3-0名古屋 札幌ド]

J1リーグは7日、第6節を行い、
北海道コンサドーレ札幌はホームで名古屋グランパスと対戦し、3-0で完封勝利をおさめた。
札幌は3試合無敗(2勝1分)。
名古屋は3連敗を喫した。

パスワークを強調した攻撃サッカーが激突したが、
名古屋はFWガブリエル・シャビエルがベンチ外。
前半は札幌が試合を優位に進め、前半2分、
右サイドのゴールライン際からMF駒井善成がクロスを入れ、
ファーサイドのMF菅大輝がダイビングヘッドで合わせたが、ゴール左へ。
名古屋はシャビエルの不在が響いたか、なかなか決定機をつくれず、守勢が続く。
クラブ史上最年少でA契約を締結したDF菅原由勢がFW都倉賢に冷静に対応した。

徐々に札幌が攻撃の圧を強める。
前半17分、波状攻撃から左後方のMFチャナティップがグラウンダーのクロスを入れ、
都倉がヒールで合わせたが、これはGKランゲラックがセーブ。
怒涛の猛攻は実り、前半26分、
DF福森晃斗が左足で蹴り込んだ右CKがファーサイドに入ると、
都倉の背後からDF進藤亮佑が頭で叩き込み、ゴール左下隅に突き刺した。

0-1で折り返した後半は名古屋も徐々に押し返し、
後半10分、FWジョーのミドルシュートが相手に当たり、こぼれ球にMF和泉竜司が反応。
持ち上がってシュートを放ったが、これはGKク・ソンユンがセーブ。
後半22分にはFW玉田圭司のクロスからジョーがヘディングシュートを狙ったが、
決めきれず、次の1点を奪ったのは札幌だった。

後半24分、
スルーパスに抜け出した途中出場FWジェイがPA内左を縦に仕掛け、
ふわりとしたクロスを供給。
ファーサイドの都倉が完璧な左足バイシクルでゴール右隅にねじ込み、2-0に突き放した。
都倉はスーパーゴールで今季初得点。
勝利を決定付けた札幌は後半28分にも菅が左サイドからクロスを入れると、
DF櫛引一紀がクリアを試みたボールがゴールマウスに吸い込まれ、オウンゴールで追加点。
札幌が3-0で完封勝利をおさめ、直近3試合無敗(2勝1分)とした。」


都倉選手がワールドクラスのスーパーゴールを決めてくれました。

ここまでのスーパーゴールはシーズンを通してもなかなかお目にかかれるものではありません。

今シーズンこそは2ケタ得点目指して都倉選手には今後も頑張っていってほしいと思います。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック