FC2ブログ
cloudy
自分の好きなこと、特にハロプロ関連の話題とテレビ番組の感想について多く書いています。
偉大なる父を追って―オルフェーブル産駒エポカドーロが「皐月賞」を制する
4月15日、G1「皐月賞」が行われ、7番人気のエポカドーロが勝利しました。

エポカドーロにとってはこれがG1初勝利となりました。


このことに関する記事が『スポニチアネックス』に掲載されていたので以下で紹介します。

「牡馬クラシック3冠ロード第1弾「第78回皐月賞」(G1、芝2000メートル)が15日、
中山競馬11Rで行われ、
戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡3=藤原英厩舎)が優勝。
伝統の競走でG1初勝利を挙げた。

ハイペースで逃げた3頭から離された4番手集団で競馬を進めたエポカドーロ。
直線では馬場の中央を鋭く伸び、
先に抜け出したジェネレーレウーノをとらえて、一気に抜け出した。
2馬身差の2着には9番人気サンリヴァル、
さらに1馬身3/4差の3着には8番人気ジェネラーレウーノが入る波乱の決着となった。
勝ちタイムは2分0秒8(やや重)。
ビートたけしの命名馬で、話題を集めたキタノコマンドールは5着だった。

勝ったエポカドーロは、父オルフェーヴル、母ダイワパッションという血統。
デビュー2戦目で初勝利を挙げると、続くあすなろ賞も圧勝し連勝。
前走のスプリングSでも2着と好走し、本番に駒を進めていた。
父と同じ皐月賞でのG1初勝利となった。
通算戦績は5戦3勝。

鞍上の戸崎は中央G1通算7勝目で今年は初勝利。
管理する藤原英師は中央G1通算9勝目で今年は初勝利。

3歳牡馬3冠は同レースに加え、
日本ダービー(5月27日)、菊花賞(10月21日)の3競走。
かつて牡馬3冠を達成したのは
セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、
ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの7頭のみ。
エポカドーロが1冠目を制し、史上8頭目となる偉業への挑戦権を得た。

なお、
無敗の2歳王者で大本命と目されていたダノンプレミアムが右前挫石のため回避し、
00年フサイチゼノン以来18年ぶりに弥生賞優勝馬が不在の皐月賞となった。
同馬は日本ダービーに向け調整されている。」


エポカドーロの父オルフェーブルは三冠馬です。

未だかつて親子で三冠馬となった競走馬はいません。

「皐月賞」の勝利したことで、
エポカドーロはその前人未到(前馬未踏?)の記録を打ち立てる権利を得ました。

偉大なる父を追ってエポカドーロの挑戦が始まりました。





スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック